5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あゆエロ小説きぼーん

1 :みっき-:02/03/20 02:20
 以前、山本という人がすごいのを
書いていましたが・・・


2 :どっちの名無しさん?:02/03/20 02:21

  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;ヽ,            __/ ̄ ┐ ̄ /            iヽ`, i´//‐
  /;;;',;',;',;',;',;;;i゙ jfji;;l           `i   終    〉           ヾ、,、,_, ,〃_''
  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,l,.,_、〈 l            |        |             _|_ ``''z -__ー
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|!' `´_r'            ノ   了   |             ヾ>,=、_i、、 /
  ,`r-;;、;;;、;;||、_ ´f           ;;;;;;;;)  └    |            r〈 _`'''" {,Ilノ`、
. /`'、_  ミ / `''゙          ;;;;'' /    !!   /`;;;;;          r'i ノ_'=]'゙ /
/    `,‐亠、          ;;;;''    ̄ ̄ヽ'´ ̄`ヽl  '';;;;        / |ヽ、i l(!゙ /
    /   `''i     _;、,、r、,'、'',.,      _ ,、      '';;;;      / ヾ、.ヽヾゝ、_,=;;彡
    //     `!,  ,、! 、, 、 , `,'゙z_,   r‐;゙i=iヽ,_      '';;;;    /   ヾ ,i 〈、/''"~
.   | |       `'〈 ー`、、 l ' '- ヽ,.、/  7 ~ヽヽ,__r:r───--‐'`、   /ヽノ||.|
    `'、_''ー-、    ,ネ ニ __`  、 ミ k i, _,_ 'i  '/ ,i ー| |        !i. /  ,:'゙/.|| l
      `''ー `iー、_ 7 Z ,. , ,、 、ヾ 、fl ,ゞ `'r'--v'''"´`|_|_____,,:-'゙   ~''iヽ_,ゝ
       //.|  `'i,、 / / v l i) ヽ、 i'.`   /   ゙i     ;;;;           /l゙l || /
      / .l    <, // i w ヽ ,r',,,,  /     |   ;;;;;'''           /V/ |.| /

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´

3 :みっき-:02/03/20 02:22
 ちょとまて、こらあ

4 :どっちの名無しさん?:02/03/20 02:22
      ,,;;;;;''''                           /  / '", /   /
      ,,;;;;;;''                           /"  / /      /
     ,,;;;;;''                           | _       ,,  /
    ,,;;;;;;''                            |/ .ヽ 、   // //   氏ね!!
     ,,;;;;;'                            |/、 '"ヾ,   / /_
     ;;;;;;''                            |/|  l/─‐‐、=‐''"/''''''ヽ
    ;;;;;;;                             冫ヽ,  / /:ヽ=/:::::::::::::::ヽ
   ;;;;;;;;                               ゙ヽ、 /‐'":::/=,|:::::::::::::::::::
   ;;;;;;;                            /:::://::::::/'"  | |:::、::/::::::::
   ;;;;;;;                          ,,-‐'"、/|ヽ,,-''"     lヽ、ヽ:::::::::
   ;;;;;;;                         / :::::::::/  ̄||   ___/'"‐-,ニlヽ:::
   ;;;;;;;;                         | :::::::::::|   llニ二二|"  /ヽ/   ヽ
   ;;;;;;;;                  ,、 /|,、/"ヽ、::::::,,,-ヽ/ニ二二二|  /、/  /
   '';;;;;;,                 | l,,,| |/ |::::::::::::l''"  | |ニ二,,-‐─ヽ-//   /"
     ;;;;;;;,                ヽ  |l  ゙‐--',    ヽヽ‐'"-‐''''''''''''ヽ、〉   |
    ';;;;;;,,               ,-‐'' ヽ、、,-‐'"     l,/::::::::::::::::::::::::::|   /‐-
     ';;;;;,,                ゙゙゙̄'''‐''"        /::::::::::::::::::::::::::::::::| /_'"|
     ';;;;,,,                           /、::::::::::::::::/::::::::::::::l",-|_,/ /
      ';;,;;,                         /:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ‐' //
      ';;,,,                       /:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|  '‐"
      ';;;;,                     / ::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::|
       ';;;;,                   / :::::::::::::::::::::::::::/  |:::::::::::::::::::::/
       ';;;;;;                  /:::::::::::::::::::::::,,,-'"   ヽ:::::::::::::::::/
       ;;;;;                  l::::::::::::::::::ヽ'"       lヽ::::::::::::\
       ;;;'                   ヽ::::::::::::::::/ヽ      |:::::::::::::::::::::|、
       ,;;'                    ゙、、_,/  lヽ     |::::::::::::::::::::/ ゙、
      ,;;''                    ヽ 、 ─''"/ /     l、__/  |
      ,;;;''                      / ニ‐"/      \      |-,
     ,;;;''                      /ヽ、  /         \___,,,ノノ |
    ,,;;;;;;;;;;;'                    /,,,-‐''"             ヽ‐''"  |
    ,,,''';;;;;;;;''                                      ヽ   /
      ,,;;;;;;;'''',,,                                     \ /
     ,,,;;;;;;;;;;;;;;;'''                                      ゙"
     '''''''';;;;;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,
       '''''''''''''''""""""'''''';;;;;;;;;;,,,,

5 :どっちの名無しさん?:02/03/20 02:23

                   ヽ  ヘ ノレ,     
       ∧_∧      ヽ(。、::。.::・'゜・' )〆
      (´Д`*.)    / ̄ ̄ヽ::。 ).。::  θ) ←>>1
        i i⌒\__ノ     ノ::・'゜。'゜ )ゝ
        ヽヽ ヽ    / /。、 ::。 )ヽ
         )) )-─/ /’ /Υ/ γ\ヾ
         // /  //  /  // /\    \
        ((__ノ  // /   (_(_,ノ  )    )
            // ノ       / / /
            |_|_/        / / /
                    (  (  <
                     \ \ \
                     (⌒_(⌒__ヽ

6 :どっちの名無しさん?:02/03/20 02:24

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙             >>1               ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙


7 :終了:02/03/20 02:33
HNダサッ(w

8 :山本:02/03/21 01:02
>>1さん
こんばんは。名前を挙げていただいた山本です。
以前のスレで僕が書いたとき、何人かの方に喜んでもらえていた感じ
だったので、あの後も一度、違う名前(田中だったかな?)で
別のシチュエーションを書きかけたのですが、途中で止めてしまいました。
というのも、たまたまこの板を覗いて、エロ小説のスレを見つけたという
だけで、実はもともと浜崎あゆみに対する思い入れとかないんですよね。
だから本音をいうと、あまり萌えて来ないというか・・・(w。

浜崎あゆみ以外で、1さんが妄想してみたいアイドルとかって誰かいますか?
あくまで、ヒマなときに気が向いたら、ということになりますが、
別の誰かについてのエロ小説だったら、挑戦してみてもいいかな〜とも
思っているので。(いや、まあ、確約はできないですけどね)

9 :どっちの名無しさん?:02/03/21 10:18
あげとく

10 :へ(´Д`´Д`)ノ:02/03/21 10:19
       ,/‐ \ ::::::::::::ヽ
      , ' s    \::::::::::::i
     /"""''/ーナ-t----|
.    /   ,.‐   ⌒    /ヘ
    {入|(・)  (・)    |||||||   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |⊂⌒◯-------9)  <  クソスレ、ゲットだぜ!
      | |||||||||_    |    \_______
       \ ヘ_/ \ / ̄`\、
.        \、__ i⌒i/, -'"~  `ヽ、
       ,.‐'´   i--i        \
       `〈ヽ, -'"~T  ヽ、 , -'" ~ `ヽ、
       / ( ̄ T   iヽ、__     \.
     /    ( ̄T   |   `ヽ、    }
    く       ̄ `ヽ、/__        /
    / `ヽ、/|       `ヽ、 __ノ
       /  |          T

11 :へ(´Д`´Д`)ノ:02/03/21 10:42
               ⊂⊃
                | |
      ⊂⊃   ,,,.-‐''''''| |-‐-‐-、.-、
       \\''"    ;;| |,,     ∩、
       _ノ\\,.-'(ニ)"ソ;; ー-、 /∪ ヾ,,
      ,.ノ   川  | | ii . . . . ゝ/   ヾ,
  ⊂⊃  )  / リ ....浹...jj: : : : : リヾ   ; ; )何かが始まる・・・
    \\) / ;;;__ i" 《⊂⊃  川 ミ  ;:;:; 〈
     \ ソ/,. ヾヽj:::/ | |レヾ.川 ソ;:;:;.;.  (
  ⊂⊃、 ゝi i(( ) ); ;}ー{(フ水ヾ }山_ノ;:;:;: .;:;:;:}
   ゙ヽ,\/!、ヾ ' ,ノ~~~ヾ_土_,ノタン,⌒:i;;;;:;:;:;{
     >;;;ソ オ'''"(,、 ,,,、)、、川 リ i::;; };:;:;:;ノ
     /   ||イーケ-A-―、Y儿,:  レ ;/;:;:;ノ
     |,,   5 }Tr;;t--r'''"i l リ  ゞ;;;;ノ;:;ノ
   /》;;   : } };ニニ二ニニ;!| ;; ,,,,,,;; i-''"
  //.|;;   : //ェェェェェrtノ !;;;; \\
⊂⊃  !;;,,,;;;,,. (;;;;.二二、;;;;.ノ | |  ,⊂⊃
    //リ ...)| -- 册 i!⊂⊃;;'"
   ⊂⊃ヽリ_ 川   从 ,.-‐''"
         "''ー――‐''

12 :どっちの名無しさん?:02/03/21 21:38
ちなみに俺が今一番エロエロしたいのは、平山綾だな

13 :どっちの名無しさん?:02/03/21 22:26
ちなみに俺が今一番エロエロしたいのは、あゆだな。

14 :みっき-:02/03/22 03:58
>>山本さん
ぬわ〜〜。
そんな事言わずに書いてくださいよ。
せめて、もう一回同じ内容でもいいので
ウプしてください

15 :どっちの名無しさん?:02/03/22 11:14
あゆが駄目なら新山千春きぼーん

16 :どっちの名無しさん?:02/03/22 17:23
それでも駄目なら松山千春きぼーん

17 :山本:02/03/25 05:58

寒かった冬が終わり、今年もまた卒業の季節がやってきた。
毎年この時期になると、蘇ってくるひとつの想い出がある。

もう5年以上も昔のことになるが、当時、俺は多くの芸能人が
通うことでも有名な、都内の○○学園で、英語の教師をしていた。
卒業式が済むと、学生達はそれぞれに名残を惜しみ、同時に
晴れがましい思いで、学校を去っていく。だが教師にとって
この時期は、年度末の最も多忙な日々でもある。卒業生と一緒に
なって、いつまでも感慨に耽っているわけにはいかないのだ。
あの年の卒業式の後も、俺は職員室に戻り、溜め込んでいた
事務仕事にとりかかっていた。


18 :山本:02/03/25 06:01
 
すると職員室にM先生が戻って来て、俺を呼んだ。
「すいません、先生ちょっと・・・」
M先生は女性の教師だが、年が近いこともあり、同僚のなかでは
普段から気心の知れた相手だった。そのM先生が、意味あり気な
笑みを浮かべて、俺に手招きをしている。
急かされて廊下に出ると、彼女は耳打ちしてきた。
「あゆみちゃんが、最後に先生にも挨拶したいって。彼女、今、
裏で待ってるから行ってあげて・・・」

 この年の芸能コースの卒業生に、あゆみという子がいた。
現在ではアーチストとして、若者に絶大な人気を誇っている、
あの、○○あゆみである。
当時、彼女はまだ音楽の活動を始めておらず、主にモデルや
ドラマなどの仕事を地道にやっていた。今から思えば下積みの
時代ということになるが、あの頃も事務所のレッスンなども
含めてそれなりにスケジュールは忙しかったらしい。
 必然的に、彼女の学校での出席や成績は、かなり厳しい状況に
あった。


19 :山本:02/03/25 06:03
 
 そんななか、ちょうどあゆみのクラス担任だったM先生が、
彼女の成績について俺に助けを求めてきた。それでいつしか
俺は、あゆみに対して個別に、補習やら成績に関する便宜を
図ってやるようになり、その結果、彼女はなんとか卒業に
漕ぎつけることができたという経緯があった。

 ○○学園には、通常の出入り口の校門とは別に、芸能コースの学生が
しばしば利用する裏門がある。M先生に言われた通り、俺がその裏門に
向かうと、たしかにそこには制服姿のあゆみが一人で待っていた。
「あゆみ、どうした?」
俺が声をかけると、彼女は少し照れ臭さそうに応えた。
「どうしたじゃないじゃん。約束したこと忘れたの?」
「約束・・・?」
あゆみの大きな瞳がこちらを向いていた。その面持ちを見てようやく、
俺は数ヶ月前のある出来事に思い当たった。


20 :山本:02/03/25 06:18
 それは俺が例によって、あゆみの補習に付き合っていた時の
ことだ。途中で急に、彼女が何を思ったか「先生って優しい」
と低い声で呟いた。そしてさらに、
「こうして先生に助けてもらって、私がちゃんと卒業できたら、
お礼に一度エッチしてあげてもいいよ・・・」と、いくらか冗談
めかした口調も交えて言ったのだった。
 だが、教師というのは、いちいち生徒のこの手の発言に驚いて
いては勤まらない。男の教師に、女子高生がわざと過激な言葉を
投げかけてからかうのは、校内では日常茶飯事、ちょっとした
挨拶みたいなものなのだ。
 だから、この時のあゆみの言葉に対しても、おそらく俺は、
「おお、じゃあ、卒業の日を楽しみにしとくな」とか何とか、
適当な言葉で受け流したはずだった。しかし、もしかすると
彼女にとっては、あの時のやりとりで、俺との間に確かな
「約束」が成立していたというのだろうか・・・。

 わずかな沈黙の間に、俺の頭のなかを様々な思いが巡った。
 しかし、そんな動揺を悟られぬよう、
「じゃあ、あゆみ、卒業祝いということで、どっか飯でも
食べにいくか?」と、何気ない調子で俺は提案した。
 それを聞き、あゆみはご機嫌な様子で俺の車に乗り込んできた。
エンジンをかけながら、
「で、何を食べに行く?」と訊くと、彼女は言った。
「今日は、夕方にまたマネージャーが迎えにくるんだよね。
時間とかあんまり余裕ないんだ。だから先生、このままホテル
行ってよ・・・」


21 :山本:02/03/25 06:33

 ホテルの部屋に入ったものの、まだ俺には教師と教え子という
意識が邪魔をして、あゆみを自分の恋人のように見ることはでき
なかった。そこでとりあえず、彼女とは卒業祝ということで、
ビールで乾杯することにした。
「卒業おめでとう。これからは、勉強なんて一切忘れて、一流の
芸能人を目指して頑張ってくれよ」
 二人でベッドに並んで腰かけ、グラスを合わせる。あゆみも
笑いながら、かなり慣れた様子でビールを飲んでいた。
最初はやはり、話題も学校生活の想い出話ばかりだったが、
アルコールが入れば当然、俺の気持ちも揺れてきた。なにしろ
ここはラブホで二人きり、しかもあゆみは次第に甘えて俺に
身を摺り寄せてきていた。
あらためて間近に見ると、やはりアイドル、その辺の女子高生
とは比較にならない、ホントに可愛らしい笑顔だった。


22 :山本:02/03/25 06:44

 ついに俺のなかで何かが壊れた。両腕であゆみを抱きとめ、
そっと唇を吸いにいった。そのまま制服の胸のふくらみに手を
のばす。柔らかな感触を掌で捉えると、あゆみは昂ぶった様子
で俺にしがみついてきた。
 さらに耳や首筋にキスを這わせると、彼女はすぐに反応して、
途切れがちな甘い声を漏らし始めた。
 俺は片手でスカートの裾をたくしあげ、膝から太腿にかけての
張りつめた感触を確かめていった。ゆっくりと焦らすように腿の
付け根に向けて指先を走らせる。すると彼女は大きく息をつき、
「シャワー、先に浴びようよぉ。ね、先生も一緒に行こう」と
俺の腕を取り、自ら立ってバスルームに向かおうとした。

「よし、それならちょっと待てよ。今ここで、あゆみの裸をよく
俺に見せてくれ」
 制服を脱がせにかかると、あゆみも俺のベルトに手をかけ、
二人で脱がし合いになった。彼女は恥ずかしがるどころか、
無邪気に楽しんでる様子だった。
 最後に制服のスカートを脱がすと、小柄で均整のとれた、
あゆみの全裸があらわになった。さほど大きくはないが、
形のよい胸がこちらを向いてツンと尖っている。下腹の
ヘアは濃くも薄くもなく、手入れがされているようだった。
 そんなあゆみの白い肌に、思わず手を伸ばしかけると、
彼女はおどけた調子でそれを振り切り、バスルームへと
逃げていった。


23 :山本:02/03/25 06:58

 二人でシャワーを浴びながら、俺は吸い込まれるように、
あゆみの乳首に口づけにいった。彼女は上体を反らし気味に
して、俺が愛撫しやすい体勢をとる。唇と舌で優しく攻めて
やると、身をよじってその快感を受けとめ、抱きついてきた。
「背中を流してくれよ」と俺が後ろを向くと、彼女はボディ
シャンプーをつけた掌で、背中を満遍なくこすってくれた。
それが終わると、後ろから抱きついて、肩越しに俺の横顔に
キスをしてきた。そのまま手をまわして俺の股間をさぐり、
手指をからませてくる。形を確かめるような手つきで撫であげ、
やがて手を動かして、刺激を加えてきた。
 俺が向き直ると、あゆみは屈みこんで、あらためて正面から
握り直し、いきなり口に含んだ。最初から深くまで咥え込み、
口のなかで舌先をチロチロと踊らせるのが、彼女のフェラの
特徴だった。時々、視線を上げて、俺の表情を覗き込んだ。
 まだ若いのに、相当やり馴れているなぁと、内心で苦笑い
しながら、俺は下半身に快楽の波が押し寄せてくるのを感じた。
「ありがとう。このままじゃ、俺だけ先にイっちゃうよ。続きは
ベッドに行ってからにしよう」
 ひとまず彼女を制止して、あゆみの顔から自分の体を離した。


24 :山本:02/03/25 07:04

 タオルで彼女の裸の体を拭き、そのまま横抱きにかかえてベッド
へと運んだ。やはり小柄だけあって、あゆみの体は軽かった。
 広いベッドの上に彼女の体を横たえると、俺は投げ出されていた
下肢を開いて、その合わせ目に顔を近づけていった。
「先生、私のここ見たいの?」
俺の視線に気づいたあゆみは、反射的に手で隠した。
「そりゃ、TVでも活躍しているあゆみが、どんな綺麗なおまんこ
してのるか、俺だって知りたいさ」
「やばい、やばい。先生、なんか目がオヤジみたいになってるし」
あゆみは愉快そうに笑いながら、俺をからかった。
「でもいいよ、先生、いつも優しいし、お世話になってるから・・・」
 彼女が手を外すと、ヘアの茂みに潜む、柔らかな襞があらわに
なった。あらためて俺は屈みこんで顔を近づけ、あゆみのその部分に
舌を這わせていく。すでにじっとりと濡れており、クリトリスの粒が
くっきりと浮き立っていた。どこか苦し気な、ハスキーな声をあげて
彼女は喘いだ。
 さらに舌と指を駆使して、ぬかるみを激しく掻きまわしてやる。
彼女は何度か激しく体を震わせ、絶頂に達したようだった。


25 :山本:02/03/25 07:18

 いよいよ俺はコンドームをつけ、あゆみの体をベッドの中央に
移してから、仰向けに寝た彼女のなかに入っていった。熱い肉壁が
ひしめき合い、強く締めつけられるのを感じた。
「ああ、先生っ、・・・」
 あゆみに抱きつかれ、そのままの体勢で何度も長いキスをした。
 俺が動きだすと、彼女は泣き顔のような表情になり、自分でも
腰を振って動きをあわせてきた。激しく体をぶつけ合っていると、
彼女はとくに小柄なだけに、非力な少女を蹂躙しているかのような
思いも頭をよぎる。自分の教え子であり、芸能人でもあるあゆみの、
欲望のままの姿に、酔い痴れながら、俺はなおも動き続けた。
「先生・・・、す、凄いよ、もう駄目・・・!!」
 叫ぶようなあゆみの反応につり込まれ、とうとう俺も耐え切れ
なくなっていた。彼女の両脚を肩にかつぎあげ、息も乱れるまま
思い切り腰を突き立てる。次の瞬間、鋭い快楽がこみあげ、俺は
呻きながら、あゆみのなかに全てをほとばしらせた。


26 :山本:02/03/25 07:29

もちろん、あれ以来、あゆみとは連絡もとっていない。
承知の通り、この5年程の間に、彼女は一躍スターダムに登りつめた。
しかし、そんな遥か遠い存在となった彼女の姿を、メディアを通じて
見かける度に、あの日の、裸のあゆみのたしかな感触が蘇ってくる。
その瞬間、いつも俺は、遠近法のメチャクチャに狂った絵画を眺めて
いる時の、眩暈にも似た感覚に襲われることになる。
では逆に、あゆみのいる場所から見える、俺達の暮らしの時間の流れ、
こちら側の世界は、果たしてどんな光景であるのだろう?

―おしまいー


27 :どっちの名無しさん?:02/03/25 15:41
おおおお!!

28 :名無し:02/03/25 16:03
  ★
 (∵)/ <<キモッ!
ゝ〔 〕
  | |

29 :どっちの名無しさん?:02/03/25 16:09
32点

30 :どっちの名無しさん?:02/03/25 16:42
>>29
ならばお前が100点の名作書いて
俺達に読ませてくれよ(藁


31 :どっちの名無しさん?:02/03/25 17:48
このスレって、みっきー=山本の自作自演?

32 : :02/03/25 20:31
こういうのおもろいじゃん。
もっとないの?

33 :29:02/03/25 21:10
http://muvc.net/lilith10/text.htm
これくらいのレベルがなきゃね

34 :どっちの名無しさん?:02/03/25 21:15
            o
            /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
           /   このスレは無事に  /
           /  終了いたしました    /
          / ありがとうございました  /
          /                /
         /   モララーより      /
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  ∧_∧  /                /∧_∧
 ( ・∀・) /                /(・∀・ )
 (    )つ               ⊂(    )
 | | |                   | | |
 (__)_)                  (_(__)


35 :山本:02/03/27 01:38
今回は、だいぶ評判悪いようですねぇ(w
構想もなしに、無理して短時間でやっつけた分だけ、
たしかに低レベルかも・・・
やはり最初に危惧していた通り、今回は書いていて
自分でも少々キツかったので、これで浜崎は終わりにして、
またどっか別のところで再チャレンジしようと思います。

拙文にもかかわらず、最後まで読んでくださった方には、
お礼を言います。ありがとうでした。

36 :どっちの名無しさん?:02/03/27 08:36
山本さんへ
そんなこと言わないであゆの小説書いてくださいよ。
もっと読みたいです。

37 : :02/03/27 14:27
山本さん倉木麻衣の書いて下さいよ。お願いします。

38 :キティ:02/03/27 14:55
ちなみに浜は中退だけどな(マジレス
大体堀越におるやつなんてほとんどアフォやろ(謎

39 :どっちの名無しさん?:02/03/27 18:17
mt.k@iris.ocn.ne.jp

40 :walnut ◆npAyugoo :02/03/27 18:19
っていうか結構何処の板でも見かけるけど、
色々な職人さんに対して冷たいって言うか、失礼っていうか。
わざわざ書いて貰ってるのに、あーだこーだ文句ばっかり
言うのはどうなんかなぁ。
言い訳に「俺は頼んでねぇぞ。(w」とか言う人いるけど、
だったら黙っとけばいいのに。依頼してる人と、職人さんが
やりとりしてるのにちゃちゃ入れんのはどうも好きじゃないですね。(ボソ

41 :怪盗:02/03/27 18:20
はげどう(ぼそ

42 :キティ:02/03/27 18:32
厨房の言葉は耳に届かんわ(ボソ

43 :どっちの名無しさん?:02/03/31 04:20
ハァハァ

44 :どっちの名無しさん?:02/03/31 04:45
人のモノにケチをつけるのは一流だが
それだけで何もできない だから2チャンネラw


45 :どっちの名無しさん?:02/03/31 05:01
>44オマエモナーって突っ込まれたいのかい?

46 :中澤マサル(本当はメーだよ):02/03/31 05:26
http://www.yoshibo.com/cgi-bin/michikusa/ranklink/h_yoshizawa/ranklink.cgi?ssd=oNAW8GzU&id=kazuki

あゆファンならここr!!

47 :どっちの名無しさん?:02/03/31 07:49
こーいう妄想も面白いかも

48 :どっちの名無しさん?:02/04/03 07:59
age

49 :名無しさん:02/04/03 10:31
ハマをマジでレイ-プする情報キボンヌ

50 :どっちの名無しさん?:02/04/03 10:33
あゆなら中だしレイ-プしても訴えないからマジでしたーい!!

51 :どっちの名無しさん?:02/04/10 23:15
なに、結局、ここの1はノーリアクションだったわけ?
根っからの無礼者だな

52 :ヒヒヒ…:02/04/21 03:52
がんばって
名前:たいすけ 日付:2002/04/15(Mon) 22:47

私も浜崎あゆみは嫌いじゃありません。むしろ歌はすごい
好きですし、今朝のニュースで「ファンから貰い泣きした」
というのにはとても感動しました。

ただ、例の暴言事件は思い出すと腹が立ってしまいますね。
これは古いとかどうとかっていう問題じゃありませんよ。
> AYUラブさん
事件の釈明の件も、事務所がライブを盛り上げるために関係者が
そこに座って浜崎あゆみの攻撃を受けたとありますが、これが真実
だとしても、世論に騒がれた内容への釈明としては、あまりにも
反省の色が無さ過ぎです。
浜崎あゆみもやはり人の子ですから、今朝のニュースのような
陽の部分もあれば、暴言事件のような陰の部位もまた存在します。
これは価値観の問題だと思いますが、むしろ私は同じ人の子として
浜崎あゆみに今まで以上の親しみみたいなのを感じています。
(親ばかならぬ、ファンばか?)

これからもずっといい歌を歌いつづけて欲しいですね。それから、
これを機会により一層ファンと一緒に歩んでくれるとうれしいです。

p2183-adsao04hon-acca.tokyo.ocn.ne.jp

--------------------------------------------------------------------------------
(泣)
名前:AYUラブ。 日付:2002/04/14(Sun) 19:20
私はAYUのことが大好きな♀です。
ってゆうかここ「浜崎あゆみ応援の輪」
って言うんでしょ?なのに、いまだに
暴言事件とかいってんの?!
ちょっと話題古すぎなんじゃないの(笑)?
AYUが嫌いなら応援しなければいいだけの
話でしょ。わざわざ人に話して「みんなで
AYU嫌おうよ」的な動きしてるのってちょー
ダサい。一人じゃ何も出来ない奴の典型的
なタイプだね。ぷぷっ。はずい奴。
202.226.100.68

53 :どっちの名無しさん?:02/04/21 04:23
「見て……智也」

ぽーっと頬を朱に染めたあゆは、四つん這いになって自らの秘部を押し広げてみせる。

ピンク色というには余りにも美しい、薄紅色のそこは、彼女自身の指によって大きく開かれ、排出のためとは異なる穴からは、既に粘質の液体が溢れ始めていた。
「あゆ……」
彼女の背後に位置する智也は、喉の渇きを感じ、それを湿らすためにこくりと音を鳴らした。
「たくさん……濡れてるよ」
智也の言葉に、あゆはさらに頬を紅潮させるが、その瞳は潤んだままで、愛する人に見られる悦びに打ち震えている。
とぷ……。
あゆのそこから、また新たな雫が生まれ、彼女の手を伝って、ベッドの上に染みを作った。
「はぁ………」
あゆの口から、幾度目かの熱いため息が漏れる。
智也に見られている……自分のすべてを見られている。
そう考えるだけで、どうしようもなく昂ぶってくる。
情欲からだけでなく、自分の全てを智也に受け入れられている、という思いが、あゆを内側から濡らすのだった。
次々に溢れる雫が、糸を曳いて零れ落ちる。
同じように、智也もこの上なく昂ぶっていた。
あゆの濡れそぼった秘部や、そこから滴り落ちる雫を見ているだけで、鈍い痛みが体の中心を駆け抜ける。
智也は激しく勃起していた。
ズボンの中は大変窮屈で、ひくつきを繰り返す度に布地に擦れて、拷問のような快感が襲ってくる。
あゆが、愛する少女が心から無防備な姿で自分を待っている。



54 :どっちの名無しさん?:02/04/21 04:32
恥ずかしそうで、しかしどこか期待に満ちて朱を上らせた頬。
そのあゆの顔を見ているだけで、智也はイってしまいそうだった。
狂おしい程のあゆへの想い……。
これが暴走すれば、あゆを「犯す」ことになる。 しかしそれは智也の理性以前の段階で、柔らかく温かいものに変えられていた。
彼が心よりあゆを思っている証左だ。
自分が満たされるより先に、あゆを満たしてやりたい。 彼女の喜ぶ顔が見たい。
あゆの幸せを想うだけで、智也は射精する以上の悦びを感じる。
「ああ……あゆ。素敵だ……」
智也も紅潮した顔で、あゆに背後から近づく。
「智也……嬉しい」
本当に嬉しそうに、あゆは口元をほころばせた。
「口付けてもいいかい……?」
智也は、胸を締め付けられるような熱さに満たされながら、あゆの丸く、柔らかいお尻に手をかける。
普段透けるように白い肌は、やはり熱を帯びて、アルコールが入った時のように紅潮している。
しかし二人とも全くの素面だ。自らの思い、互いへの想いに酔ってはいたかもしれないが……。
「あぁ……お願い。キスして……私のソコに口付けて、啜ってほしい……」
あゆは別段大胆なことを口走っているとは思わなかった。
愛する智也に愛撫してほしい……。 心と体が同時に求めたことを素直に口に出しただけだ。
「ああ……してあげる。あゆのを啜って……全部飲み干すよ」
あゆが望んでくれたことに、智也も喜びを感じる。
好きなだけ気持ち良くさせてあげる……。
智也はゆっくりとあゆの尻の間へと、背後から顔を埋めた。
直後、あゆの悦びの声が響き出した。

55 :どっちの名無しさん?:02/04/21 04:47
ちゅ……ぴ。
「あうっ!」
智也の唇が、あゆの濡れた下の唇に触れると、あゆは白い喉を仰け反らせて反応した。
「ん……」
一旦、口づけた唇を離すと、智也は至近からあゆの陰部を見詰めた。 ソコは、未だあゆ自身の指によって押し広げられているため、
薄紅色に充血した唇も、内側の濡れそぼる肉壁も、その下で微かに揺れる薄い恥毛もすべてをさらけ出している。
押し広げているあゆの指は震え、外気に晒されている熱い肉壁も、智也の視線に耐えられないかのように、小刻みにひくつきを繰り返す。
「奇麗だ……本当に奇麗だよ、あゆ」
智也は魅入られてしまったかのようにその部分に熱い視線を送る。
「んん……!」
あゆは智也の視線と、その言葉に耐えかねたように2度、3度と身体を震わせ、その度に、 ぴゅっ、ぴゅ……。と、秘部から熱い愛液を、まるで射精するように飛び散らせた。
「ああ……凄いよ、あゆ。こんなに……」
その、美しくも淫猥な光景に我慢の出来なくなった智也は、再びあゆの陰唇に口づけると、音がするくらいに思い切り啜り上げた。
じゅるるるっ!
「っあああああーーーーーーっっ!!智也っ!」
内壁を吸い取られそうな快感を味わったあゆは、そのまま小さな波にさらわれそうになる。
「可愛いよ……あゆ、とても」
智也は嫌悪感などまるで感じなかった。 それどころか、この上なく美しい秘部を、愛するあゆの媚肉を啜っている、という事実に、智也は今にも射精しそうなほど昂ぶっていた。
ちゅ…じゅるっ……ぢゅーーーーっっっ!
「あうっ!あっあっ……智也!智也ーーーっ!!」
智也が濡れた内壁を啜り上げるたびに、あゆは真っ白なお尻を震わせ、いやいやをするようにゆっくりと左右に振る。
ちゅ……ぱ。
「気持ちいい……?気持ちいいかい、あゆ?」


56 :どっちの名無しさん?:02/04/21 04:59
あゆが悦びの声を上げるので、智也は嬉しい。 顔を上げて、荒い息をつくあゆの紅潮した顔を見る。
その口元はあゆの悦びの証でべちょべちょだ。 あゆは、悩ましげに顔を伏せながら、こくりとうなずく。
そして息も絶えだえの様子で言った。
「うん……。気持ちいいの…気持ちいいの、智也!あたし、とても気持ちいい」
「じゃあ、もっともっと気持ち良くしてあげる。このままイかせてあげる……」
あゆのお尻が再び震えた。智也は下の方で縮こまるクリトリスごと、あゆを舐め上げる。
そしてそのまま、今度は舌を伸ばして、温かい穴の中に埋没させていった。
「あはぅぅぅ……智也……」
へなへなと腰がくだけそうになる。
智也の舌は内側を舐めしゃぶり、かき回し、中に溜まったたっぷりの愛液を啜り上げた。
あゆは幾度も痙攣しながら、今までにない、大波が押し寄せるのを待っている。
引き摺り出されそう……。 あゆは頬を真っ赤に染めながら、智也の舌の感触を蜜壷で味わう。
智也はあゆの反応するポイントを見つけ出しては、そこを執拗に攻める。
唇で挟む。舌で嬲る。軽く歯を立てる。ついばむ。吸い上げる。柔らかい舌でかき回す。 音を立てて飲み干す。
「(おいしいよ……あゆ)」
あゆの蜜は、本当に甘く感じられた。
愛する少女の体内から分泌されたものだと思うと、それだけで愛おしい。
あゆの豊かなお尻に両手をかけ、その間に顔を埋めながら、智也はひたすらその行為に没頭する。
それらの行為を繰り返す間も、智也の頭の中はあゆのことでいっぱいだった。
(愛してるあゆ……)
(愛してるあゆ)
(愛してるあゆ!)
そんな強い想いの込められた愛撫に、あゆは髪を振り乱して半狂乱だった。

57 :どっちの名無しさん?:02/04/21 05:06
智也の舌が…。
智也の唇が…。
わたしの全てをなぶり上げ、愛している。
身体がめくれ返りそうになる。
彼から伝わってくる想いに、子宮がジンジンする。
「ああ、智也…智也…私もう……」
あゆが涙声でそう言うと、智也は一旦すべての動きを止めた。
「あ……」
うらめしそうな顔を向けるあゆに、智也はくすり、と笑みをこぼす。
そして、艶やかな髪を愛おしげに撫でた。
「ん……」
大きな快感の後の、心地よい刺激にあゆは子猫のように目を細める。
「んはっ……」
智也は再び動きを再開した。
今度は、美しく濡れそぼった唇から上方に、お尻の溝をゆっくりと、唇と舌でなぞる。

58 :どっちの名無しさん?:02/04/21 05:09
やがて、智也の舌が、あゆの後ろの蕾に達した。
「……!!!!」
すごい衝撃。
全身を貫く電撃のような快感に、あゆは大きく身体を波打たせる。
チュッ……ちゅ。
ちゅろ……れろ、チュロッ……。
「〜〜〜〜〜〜!!!!」
智也は、あゆの双丘を掴んで、押し開くと、その部分を露わにし、シワの一本一本をなぞるように、丹念に舌を這わせる。
あゆは、枕をかき抱いて、必死で漏れ出る叫びをかみ殺す。
 ぬろっ……。

59 :どっちの名無しさん?:02/04/21 05:14
「……!!!っっあーーーーーーーーーっっ!!!」
ついに智也の舌が、肉を分け入って侵入してきた時、あゆは堪えきれずに声を上げていた。
智也の舌が…!智也の舌が…!
おしりの中を、排泄器官の中を掻き回している。
その事実に、あゆの意識はホワイトアウトしそうになる。
無論、そこからもたらされる快感も凄まじい。
「あっあっあっ!私、もうだめっ!智也…わたしもう…もうダメ」
「イって…あゆ。俺はお前をイかせてあげたい……俺の舌でイってくれ」
あゆが、自分がもたらす刺激に感じてくれている。自分があゆを気持ちよくさせて上げられる。
そのことに、智也は何よりも喜びを感じた。
「あーっ!あーっ!ダメッ!もうだめっ!」

60 :どっちの名無しさん?:02/04/21 05:29
智也は、舌であゆのアヌスを攻め、右手でクリトリスを嬲り、左手で膣をかき回した。
「あゆ!!」
「あーーーーーーーっっっ!!智也っっっ!!!」
ぴしゅっ!!
あゆの身体が智也の腕の中で跳ねる。
痙攣と同時に、あゆは潮を吹いた。
あゆはイった。
めくるめく快感の中で大波に翻弄されながら、彼女の考えていたのはただひとつ。
智也のことであった。
にゅぽ……っ。
智也はひくつきわくり返すアヌスから舌を引き抜くと、あゆの花びらに口づける。
こくり……こくり。
智也の喉が、幾度も音を鳴らした。 その瞬間、それだけで智也も一度目の射精を迎えていた。



61 :どっちの名無しさん?:02/04/21 05:34
「ん……んふ……ちゅる…ぴちゅっ……」
「んむ……ちゅ…れろ……じゅる………」
重なり合い、舐め合い、絡め合い、飲み下し合う。
もう何も考えられない。
互いのこと以外は……。
ただそれだけで智也は勃起の先端から先触れの雫を溢れさせ、
あゆは洪水のように熱い蜜を流した。
「はあ………っ」
しばらくして唇が離れると、二人は自然と向かい合う形で身体を重ねていった。
互いの悦びの表情を、見ていたかったからだ。
「あゆ……」
智也は、まだ精液の滴るペニスに手を添え、あゆの秘部の周りを円を描くように擦り付けた。
「来て……来て!智也……そのまま入れてっ!」
あゆは智也の瞳から一瞬たりとも視線を外さず、精液のついたままの智也のペニスをねだった。


62 :どっちの名無しさん?:02/04/21 05:39
「…あげるよ。今たくさんあげる。そして、たっぷりと注ぎ込むよ。
お腹がいっぱいになるまで。子宮が溢れるくらいに……」
「ああ……お願い……」
智也のペニスが侵入してくる。智也が膣内で射精する。
それを想像するだけで、あゆは何度も身体を震わせた。智也も同じだ。
それ以上、智也は言わなかった。言わせなかった。
ずにゅっ!
「んっ!」
「うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっ!!!」
智也が陰唇を押し分けて侵入してきた時、あゆは2度目の絶頂を味わった。
そのまま、息つく暇もなく、智也はグラインドを開始する。
智也の張り詰めた亀頭が、あゆのぬるぬるの内壁をこすり上げる。
同時に、智也の敏感な裏側をあゆの柔肉がなぶり上げる。
「うっ…あああっ!」
智也は仰け反った。とてつもない快感。
あゆの膣が、まるで彼女の口内のように蠢き、自分のペニスを締め付け、しごき、しゃぶった。
気持ちいい……!

63 :怪盗 ◆.jXrXgT6 :02/04/21 05:45
18禁の美少女ゲームとかよくやってる人ですか?

64 :どっちの名無しさん?:02/04/21 05:45
こんな快感が他にあるだろうか。
底無しの悦楽の沼に溺れそうになるのを、智也は必死で自制した。
一方あゆも、同じく怒涛の快楽の内にあった。
が、やはり心の一端を智也の熱く、誠実な瞳に結びつけ、
さらわれそうになる快感の波から繋ぎ止めていた。
二人は、できるだけ長い間、互いの顔を見ていたかった。
そして互いを想い、互いを感じていたかった。
最後の瞬間には大波に呑まれてしまうだろう。 その瞬間まで、二人きりで……。

65 :どっちの名無しさん?:02/04/21 05:48
ずにゅっ!ぬろっ!じゅるっ!
「あゆっ!」
パンッ!ズンっ!パンっ!
あゆは智也のペニスを呑み込もうと腰をグラインドさせ、
智也は一番深いところに到達しようと、子宮の入り口を突き上げる。
あゆの胎内は、二人の分泌する体液で溢れかえっていた。
このまま融けてしまえばいい……。ふたりは本気でそう考えていた。
そして…やがて絶頂が訪れる。

66 :どっちの名無しさん?:02/04/21 05:52
「あゆ!イクよっ!!」
智也の睾丸がせり上がり、彼のペニスは爆発寸前だった。
堪え、たまりに溜まった精液が、先端付近にまで押し寄せる。
「来てぇっ……!」
「あゆっ!」
びしゅっ!
「ああっっ!!」
凄い勢いで、智也の精液が射精された。あゆの子宮を濁流が叩き付ける。

67 :どっちの名無しさん?:02/04/21 06:00
智也の放出は続いた。
繋がったままの二人の秘部の合わせ目から、どぷっ、どぷっと入りきらない精液が押し出され、
シーツをぬるぬるに濡らした。 全てをあゆの中に注ぎ込んで、智也は崩れた。
それでも、あゆの重みにならないようにわずかに身体をずらして……。

つづく


68 :どっちの名無しさん?:02/04/21 06:01
暇だね

69 :どっちの名無しさん?:02/04/21 06:05
エロシーンだけじゃヤダYO!

70 :どっちの名無しさん?:02/04/21 06:11
こうゆうのは見たくない人の目につかないようにsageでやってくれ。

71 :どっちの名無しさん?:02/04/21 17:20
エロエロ。

72 :どっちの名無しさん?:02/04/21 17:49
エロだけでどうゆー展開なのかはっきりしないから萌えない。


73 :どっちの名無しさん?:02/04/21 21:17
>同時に、智也の敏感な裏側をあゆの柔肉がなぶり上げる。
(;´Д`)ハァハァ


74 ::どっちの名無しさん?:02/04/21 22:20
抜きますた

75 :どっちの名無しさん?:02/04/30 18:18
はあはあ

76 :どっちの名無しさん?:02/04/30 18:23
http://ayu_webmaster.tripod.co.jp/


77 :どっちの名無しさん?:02/05/07 23:44
■アイドルのエロ小説■
http://wow.bbspink.com/test/read.cgi/girls/1020612947/l50
誰か・・・こっちにもきてよ・・・

20歳未満禁止!

78 :どっちの名無しさん?:02/05/07 23:48
私まだ子供なのにみちゃったよ。えーんえーん。。。
なんんでこんな事するの?お兄さん達は・・・・

79 :walnut ◆fvoguezw :02/05/07 23:51
小説系のスレはなにかと、いちゃもんつけられることが
多いのでスレが伸びないのかなーなんていってみる。

80 :宣伝マン改:02/05/11 21:48
あゆのエロ小説の作家さん、読者さん、こんばんは。

このスレを読ませてもらいました。
作家さんのレベル凄く高いですね。
でも、以下のスレにあるエロ小説も、ここに負けないくらいレベル高いですよ(マジで)。

 「誰か・・加藤あいちゃんのエロ小説書いて!」
 http://wow.bbspink.com/test/read.cgi/girls/1017673368/l50
現在、小説「aiの細指」(330からスタート)が連載中。
是非、いろんな意味でこの高レベルを読んでみてね!!!!(出来れば感想も!)

81 :walnut ◆fvoguezw :02/05/11 21:49
あ、知ってるそのスレ。

82 :どっちの名無しさん?:02/05/11 21:52
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\             / /   \\∴∵|
   /  / ̄ ̄ ̄ ̄ |             |  (・)  (・) ヽ∵|
   /  /  ⌒  ⌒ |              |    ⊂        6)
  | /   (・)  (・)|             | ___     /
   (6      ⌒)  |             \ \_/    /
   |   )  ___ |     ∫        \____/   / ̄ ̄ ̄ ̄三
   \    \_/ /  / ̄ ̄ ̄ ̄\   /⌒ - -    ⌒ /____  ヽ
     \____/  /\   /  \ |/ 人 。   。   丿 |      <  |
   /⌒        ⌒\  |   (゚)  (゚) |\ \|  亠   / | ⌒  ⌒  |  |
  / 人  人    ノ゙\ \-----◯⌒つ| \⊇/干 \ ⊆ |-(・)--(・)---|__|
  \ \|  l    // /    _||||||||| |    |     (  |  ⊂     6)|
   \⊇ ノ    ⊆/ \ /  \_//  _/⌒v⌒\   ) | ___    |
    (   Y    )    \____∪⌒\  ノ     )  |  \\_/   /
    | _人_, |     /        |  |       |  |   /\___/⌒ヽ、

83 ::02/05/12 07:40
>山本さん
すんまそん。お礼がたーいへん遅れてしまい・・・

また、良い物書いてくだだい。田舎の温泉とか
やばかったです。マヂで。

84 ::02/05/23 01:34
 駄目ですか?

85 :どっちの名無しさん?:02/05/25 03:11
age


86 :どっちの名無しさん?:02/05/27 03:14
age


87 :どっちの名無しさん?:02/06/18 21:45
Kanonの月宮あゆsage

88 : :02/07/04 02:08
ぼっき

89 :エッチな年頃☆:02/07/10 18:10
もっともっともっとエッチな小説読みたいよぉ・・・
もうあそこぬれぬれ・・・もっと濡れたい・・・

90 :どっちの名無しさん?:02/07/21 01:36
age

91 :どっちの名無しさん?:02/07/21 13:01
やまもとさんってすごいね
文学部?

92 :age:02/07/25 01:14
age

93 :うんこ野郎改 ◆pPhQ5lno :02/07/26 23:34
でもゲロミじゃ萌えないNe。

94 :どっちの名無しさん?:02/07/27 14:05
>>1-1000
ここで探せ!!!!!!
http://orange.sakura.ne.jp/~itachin/kanonlink/

95 :どっちの名無しさん?:02/08/01 16:01
BINNBINN

96 :どっちの名無しさん?:02/08/02 15:09
現役女子高生グラビアも解禁!人気AVアイドル撮りおろしグラビアも絶好調!
http://www.graphis.ne.jp/


97 :どっちの名無しさん?:02/08/09 00:01
今の季節は夏!
夏といえば海!
海といえばビキニ!
ビキニといえばポロリ!
そういう路線でたのむっ!

98 :どっちの名無しさん?:02/08/09 00:46
http://ayu_webmaster.tripod.co.jp/

99 :どっちの名無しさん?:02/08/09 20:17
エロ小説きぼーん!

100 :どっちの名無しさん?:02/08/09 23:40
100

101 :どっちの名無しさん?:02/08/15 11:52
僕は現在、信州の山間の小さな温泉旅館で、住み込みで働いています。
ここで経験を積みながら調理師などの資格を取って、将来的には独立す
ることを目標に毎日を送っているのです。
 うちの旅館は基本的に、シーズンオフには、オヤジさん夫婦と、地元
のパートのおばさんたちが何人かいるだけなので、若い従業員の僕には
裏方の雑用が山ほどまわってきます。早朝から昼過ぎまでは息をつく間
もなく仕事に追われ、それからようやく2時間程の休憩時間になります。
 遅めの昼食を済ませた後、いつも僕はその休憩時間に、自分で掃除し
たばかりの浴場を独占し、ひとりで温泉に入ることにしています。その
時間帯は、まだお客様は浴場を利用できない規則になっているのです。


102 : :02/08/15 14:56
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news/1029346898/l50
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news/1029346898/l50
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news/1029346898/l50
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news/1029346898/l50

103 ::02/08/15 15:01
http://www48.tok2.com/home/sonoko/

104 :どっちの名無しさん?:02/08/15 15:08
感動大作 〜あゆの埒監禁〜

道を歩いてたらあゆがいたから
強引に部屋に連れ込んで犯した



105 : ◆V2RP.w0M :02/08/15 21:18
>>104
ツーカーCMで泥まみれで泣いているあゆの理由

106 :どっちの名無しさん?:02/08/15 22:28
・・前置きが長くなりましたが、実はその温泉で、少し前に僕が体験
したことを書かせてもらおうと思います。誰も信じてもらえそうにない
ので、自分だけの秘密にしておくつもりだったのですが、偶然にもこの
掲示板を見つけて、正直に告白しようという気になったのです。

 あの日、僕はいつものように、休憩中に風呂へと向かいました。うちの
旅館には一つだけ露天風呂があって、普段そこはお客様には、時間帯毎に
男湯と女湯を指定して利用して頂いています。その露天風呂の入り口の扉
に僕が近づくと、まだ入浴時間外だというのに、向こう側から声が聞こえ
てきました。
 


107 :しのぶたん(:02/08/15 23:22
>>1ヒケーンhttp://isweb34.infoseek.co.jp/play/icelake/anime/one.swf

108 :どっちの名無しさん?:02/08/15 23:50
>>106
続きキボーン

109 :コピペです:02/08/16 12:54
訝しく思いながらも、すでに裸の僕はタオル一枚をさげて洗い場に入り
ました。するとその先の露天風呂に、二人の若い女性客らしき影が見えた
のです。困ったなと思いましたが一応ルールなので、従業員として注意し
なければと近づいていくと、僕に気づいた一人が「キャーッ!!」と凄い
叫び声を上げました。
 しかし、本当に驚いたのは、むしろこちらの方でした。僕の目の前には、
その叫び声を上げた女性と一緒に、テレビでいつも見ている人気アーティ
ストの、あゆさんが温泉に浸かっていたのです。こちらから見えているの
は横顔だけでしたが、それが紛れもない本人だということは雰囲気ですぐ
に分かりました。


110 :コピペです:02/08/16 12:54
「ちょっと、何なんですか!今すぐ警察を呼びますよ!」
手前にいた女性は僕を睨みつけると、いきなり激しくタオルを投げつけて
きました。この女性が、あゆさんのスタッフの方だということはその後で
すぐに分かったのですが、なるほど不審な男性ファンなどには、こうした
キツイ態度でねつけるよう、事務所もしっかり指導をしているのでしょう。
 僕はその迫力に押され、尻込みしながらも、
「あの、スミマセン、一応ここの従業員の者なんですが・・・」と、かろうじ
て弁明することができました。 すると女性の態度は一変して、
「えっ、そうなんですか。わー、ごめんなさい!」と、そのスタッフさんは
急に後ろめたそうな素振りを見せました。彼女たちも入浴時間外と知りなが
ら、人目のない時にこっそりと温泉に忍び込んだつもりだったようです。
 それにしても、まさかうちの旅館に、突然こんなスゴイ宿泊客が来るなん
て・・・。スケジュールの変更か何かで、急遽、空いていた旅館に飛び込んで
きたに違いありません。


111 :どっちの名無しさん?:02/08/16 12:55
僕は思わず、
「事情もあるでしょうし、内緒にしておきますので、どうぞゆっくりして
いって下さい」と言い、さすがにここにタオル一枚の裸で、男の従業員がい
てはマズイだろうと、その場をすぐに立ち去ろうとしました。
ところが、事態は意外な方向に流れていったのです。
それまではこちらを無視するかのように、黙ってお湯に浸かっていたあゆさ
んが、思いもかけない言葉を発したのです。テレビなどを通じて聞き覚えの
ある、まさにあのハスキーな声でした。
「でも、お兄さんも入ってくださいよぉ、せっかく来たんだし・・・。旅館の
お仕事だって、忙しくて時間ないんじゃないすか・・・」
「えっ!いや、あのー・・・」僕は戸惑って、タオルで前を隠したまま立ち竦
んでしまいました。ところがさらに、
「いいでしょ、せっかくなんだし・・・」と言って、あゆさんは一瞬こちらに
視線を向けると、隣のスタッフさんにまで、
「ねぇ、このお兄さん遠慮してるから、中に入れてあげて」と声をかけたの
です。スタッフさんは困惑した様子でしたが、やはり、あゆさんの指示は絶
対なのでしょうか、


112 :どっちの名無しさん?:02/08/16 12:56
「あの、本人がこう言ってるので、どうぞ入って下さい」と結局スタッフさ
んも僕を促してきました。何とも言えない奇妙な場の空気になってしまい、
この時は僕もホントに複雑な心境でした。
しかし気づいた時には、何故か僕は人気アーティストのあゆさんとその
スタッフの女性と、三人で混浴をしていました。
 念のために言っておきますが、この地域の温泉は鉱泉の真っ白に濁った
お湯が特徴なので、その濁りで水面下の様子は全く見えません。しかし、
もともと5〜6人用に過ぎないこの小さな露天風呂の、同じお湯の下に、
あゆさんの裸体があることは確かな事実です。
 その様子を思わず想像し、意識するまいとすればするほど、お湯に隠れた
ところでは、僕の男としての、肉体の一部が熱く反応してくるのが分かりま
した。やはり僕もまだ20代の独身の男ですから・・・。 


113 :どっちの名無しさん?:02/08/16 12:57
同時に、これはマズイと内心かなり焦りました。この状態でまさか彼女達
の前に立ち上がることはできません。早く治まってくれと、僕は心のなかで
必死に祈るような気持ちになっていました。何しろこのままでは、僕の方
から先に風呂を出るわけにもいかないのですから。心ここにあらずの状態で、
僕は彼女たちの方に視線を送ることもできずに固まっていました。
一番手前に僕、スタッフさん、あゆさんという順に、三人は横に並んで
温泉に浸かり、しばらく沈黙のまま外の景色を眺めていました。ちょうど
天気の良い日で、晴れわたった空のもと、ときどき吹く風に山の新緑が
揺れていました。
 緊張と困惑で押し黙っている僕の様子を察したのか、不意にあゆさんが
話しかけてきました。


114 :どっちの名無しさん?:02/08/16 12:58
「いいですよね、こういう田舎も・・・」意外に大人びた、気遣いの感じられ
る言葉だったので僕は驚きました。やはりテレビなどで仕事をしていても、
見知らぬ大人と接する機会が多いのかもしれません。
「そ、そうですね。僕も東京から出てきたんですけど、田舎も結構いいと
思います。・・・あの、やっぱりお仕事で来られたんですか?」
「うん、明日からまた撮影なんですよぉ」
 あゆさんが話しかけてくれて、少しずつですが、会話が成り立つように
なりました。しかし、スタッフさんの方はまだ僕を警戒しているのか、
あるいはタオルを投げつけた先程のことで気まずいのか、ただ黙って外を
見ているだけです。


115 :どっちの名無しさん?:02/08/16 21:56
ハヤク、ハヤク!

116 :どっちの名無しさん?:02/08/16 23:05
やがて、あゆさんがスタッフさんに何かを耳うちしました。すると、
「スミマセン、私ちょっと用事思い出したんで、先に戻ります」と言って、
彼女は急に、湯船から立ち上がりました。僕の視界の隅で白い肌がさっと
浮かび上がり、すぐに背後に消えていくのが分かりました。
 僕は当然、あゆさんもすぐに一緒に出て行くのだろうと思ったのですが、
意外にもスタッフさんの後ろ姿に、
「あゆはもう少しのんびりしていくんで、よろしく・・・」と声をかけると、
彼女はそのまま何事もなかったかのように、お湯に浸かっています。
 結果的に、僕はお風呂のなかであゆさんとツーショットになってしまい
ました。そのシチュエーションを思っただけで、僕の下半身がさらに熱く
脈打つのが分かります。
 実際、ちょっと思い切って手を伸ばせば、あゆさんの裸体に直接触れら
れる距離にいました。しかし言うまでもなく、彼女はうちの旅館のお客様
であり、天下の人気アーティストです。従業員として身元も明らかな僕が、
どんなに思い切っても、無茶な行動をとれるはずはありません。


117 :どっちの名無しさん?:02/08/16 23:06
すると突然、あゆさんが例の落ち着いたトーンで、思いがけない話をは
じめました。
「あゆもホントはね、いつか今の仕事辞めたら、どこかこういう静かな
田舎で、自分でペンションみたいなのをやれたらいいなぁって。密かな
夢なんですよぉ。疲れたときとか、よくそんなこと考えながら、将来に
向けて頑張ろうって、いつも仕事してるんだよねぇ・・・」
 毎日スポットライトを浴び、すべて自分の夢を実現しているかに見える
あゆさんでも、自分と同じような夢を抱くことがあるというのです。
 少なからず驚きながら、僕はこの時初めて、あゆさんの顔をしっかりと
見ることができました。しかも彼女の大きな目が、真っ直ぐに僕を見つめ
ているではないですか。・・・うわぁ、ホントに可愛い。思わず息が詰まり
そうになりました。


118 :どっちの名無しさん?:02/08/16 23:08
それからしばらく、あゆさんは旅館の仕事のことなどを僕にあれこれと
尋ねてきました。僕自身、将来的な目標をもって続けている仕事なので、
話題に事欠くことはなく、二人の話は意外に盛り上がりました。
 ところが、その会話がようやく途切れたところで突然、
「暑くなっちゃった」とあゆさんが素早くお湯を出ると、小走りでその場を
離れてしまったのです。不意の出来事だったので、僕は何があったのかも
分からず、あれ、部屋に戻っちゃうのかなと思って後ろを振り返りました。
 すると、彼女はすぐ後ろの洗い場のスペースで、むこう向きに木の椅子に
腰かけ、シャワーを流して髪を洗おうとしていたのです。僕の視線など、
まるで気にならないかのように・・・。
 もちろん、こちらからは裸の後ろ姿がはっきりと見えています。お湯から
上がった直後の、あゆさんの小麦色の肌は、露天風呂の外からの日差しで
輝いていました。子供のように小柄な後ろ姿ですが、この位置から見える、
背中からヒップにかけての曲線は意外に豊かな感じがしました。


119 :どっちの名無しさん?:02/08/16 23:08
 時折、彼女の背中にシャンプーの飛沫が落ち、滑らかな肌を糸をひいて
流れていきます。僕は固唾を呑んで、その光景に見惚れていました。
その直後に小さなアクシデントが起きました。髪を洗い終えたところで、
あゆさんが蛇口の捻り方を誤ったのか、シャワーのお湯が異常に激しい
勢いで噴出したのです。しかも、あらためて左右のどちらに捻り直しても、
止まらなくなってしまったようでした。
「ねぇ、ちょっと何、これ?」
シャワーの水圧は、その間にますます猛烈なものになっていきます。思わず
彼女が手を離したことで、ホースが激しく床をのたうちまわり、騒々しい
音を立てました。
「ねえ、これ、どうしたらいいのーっ!」
慌てた様子で、素っ裸のあゆさんが必至に叫んでいます。とうとう僕もタオル
一枚で前を隠して、風呂を飛び出しました。


120 :119 :02/08/16 23:12
>>83=1さん
田舎の温泉てひょっとしてこれのことですか

121 :どっちの名無しさん?:02/08/17 01:10
はやくはやくっ!!!!!!!!!!

122 :あゆっこ ◆AYU/MoFw :02/08/17 02:40
次まだかな?

123 :続きを期待!:02/08/17 08:07
このスレの現在の主役は作者さんです!
さぁ!出てきて書いてくらはい!

124 :作者つーかコピペ:02/08/17 08:37
結局、シャワーのお湯はすぐに止まりました。定期的に整備していても
蛇口の調子が悪くなることは、珍しいことではありません。一件落着して、
「ホントにすみません、しっかりチェックしておきますんで」と僕が謝った
途端に、すぐ横に座っていたあゆさんが突然ケラケラと笑いはじめました。
 振り返ると、彼女の視線は真っ直ぐに僕の股間に向けられています。自分
ではタオルで隠していたつもりのものが、両手で作業する間に、隠すどころ
か完全に露わになってしまっていたのです。しかも完全にいきり立った状態
のペニスの根元に、タオルが二つ折りにぶら下がっていて、まるでタオル
掛けのように彼女の目の前に突き出ていたのです。
 まさに顔から火が出る思いで、僕は慌てて腰を引き、前を隠そうとしまし
た。ところが、それを逃さず、なんとあゆさんはその熱くなった僕のものを、
しっかりと手で握ってきたのです。「えっ!?」僕は息を呑みました。 


125 :作者つーかコピペ:02/08/17 08:38
いったい何が起こったのかも分からぬまま、あゆさんの顔を見ると、
彼女は僕を見上げて優しく微笑んでみせたのです。
「スゴイね、こんなに大きくなってる・・・」
絶句する僕に、彼女はさらに甘い言葉を続けました。
「お兄さん、独りで住み込みで働いてるって言ってたし、しばらく
彼女とも会っていないんでしょ。さっきは、いろんなこと教えてく
れたから、あゆからもお礼してあげるよ・・・」
 彼女の小さな掌のなかで、僕のペニスは大きく脈打っていました。
それを片手で握りしめたまま、
「ちょっと、待ってね」と、あゆさんは振り返ってシャワーで水を
少し口に含むと、もう一度こちらへ向き直りました。そのまま顔を
そっと近づけ、握っていた僕のペニスを優しく咥えてきたのです。
 ひんやりと冷たい彼女の口腔に、一瞬にして包みこまれたその
感触が、風呂上がりで火照った僕の全身を駆け巡りました。


126 :作者つーかコピペ:02/08/17 08:39
露天風呂の洗い場という解放的な場所で、僕は棒立ちに
なって、人気絶頂のアーティストのあゆさんに咥えられて
いました。それは信じ難い事態でしたが、けれども、
もともと裸の若い男女が、ひとつの場所に二人だけでいた
のです。ひとたび一線を越えてしまえば、どんな行為に
展開しようとも不思議はないのかもしれません。
 あゆさんは僕のペニスのかたちを確かめるように、
口のなか全体に含みながら、やさしく吸ってきました。
ときどき頬が凹んで、薄い唇が尖って見えます。僕の
視線は、今まさに自分の前に跪いて熱心に口での奉仕
に耽っているあゆさんの、小さな顔に釘づけになって
いました。


127 :作者つーかコピペ:02/08/17 08:40
それに気づいたのか、あゆさんは伏せていた目を
上げると、わざと色っぽい表情を作って僕を見つめて
きました。さらにこちらの視線を意識しながら、
今度は僕のペニスの起伏を舌先だけで一箇所ずつ
順番に刺激していきます。少しずつ向きを手で変え
ながら、その都度、自分の目で確認するように、
チロチロと舐めあげてくるのです。
「どこが気持ちいぃ?」あゆさんが甘くハスキーな
声で、僕に聞いてきました。しかし、そこで僕が
何かを応えるよりも先に、彼女の薄い舌先がちょうど
一番気持ちのいい場所をとらえたのです。
 その刺激の強さに、僕は思わず腰砕けになって少し
よろめいたようになりました。


128 :作者つーかコピペ:02/08/17 08:41
「お風呂でのぼせちゃったの?」
あゆさんはまだ僕のペニスを握ったまま、僕の顔を
覗き込んできます。
「ねえ、お兄さん、この下に寝転がりなよ」と言って、
僕は床の石畳の上に仰向けに寝かされました。
 そこでようやく僕も気持ちのゆとりを得て、あゆさん
の眩いばかりの裸をじっくりと見上げることができました。
小麦色の肌は若さで満ち溢れており、やさしい形の胸には、
固く凝縮した感じの乳首が尖っています。
 そのまま吸いつきたい衝動に駆られて、僕が手を伸ばそう
とした瞬間でした。意外にも、あゆさんは素早く体の向きを
換えて、なんと仰向けに寝ている僕の顔の方に、彼女の下半身を
寄せて近づいてきたのです。すぐ目の前に密度の濃い茂みが
現れたかと思うと、彼女はそのままシックスナインの形で
跨ってきました。


129 :どっちの名無しさん?:02/08/17 08:43
 まさに翻弄されるような思いで、僕はすぐにあゆさんが口での
愛撫が再開してくるのを感じていました。そこで我に返ると、
僕もむさぼるように、彼女の秘密の場所へと顔を近づけていき
ました。
 あゆさんの柔らかな部分が、うつ伏せの状態で小さく震えているの
を見ると、僕はやはり指を触れずにはいられませんでした。彼女は
とても小柄で、幼い印象の体つきにも見えますが、その部分の光景は
すっかり成熟していました。薄いデリケートな襞の縁には、部分的に
色素が滲んでいるのが見えます。指でやさしく広げてみると、
もちろん湯上りということもありますが、内部の血色が本当に鮮やか
でした。僕は一瞬、旅館でたまに自分が調理する新鮮な鴨肉を連想
したほどです。


130 :続きを期待!:02/08/17 09:21
124以降を別の展開で誰かたのむ!

131 :どっちの名無しさん?:02/08/17 09:32
いったい何が起こったのかも分からぬまま、あゆさんの顔を見ると、
彼女は僕を見上げて優しく微笑んでみせたのです。
「スゴイね、こんなに大きくなってる・・・」
絶句する僕に、彼女はさらに甘い言葉を続けました。
「お兄さん、独りで住み込みで働いてるって言ってたし、しばらく
彼女とも会っていないんでしょ。さっきは、いろんなこと教えてく
れたから、あゆからもお礼してあげるよ・・・」
 彼女の小さな掌のなかで、僕のペニスは大きく脈打っていました。
それを片手で握りしめたまま、
「ちょっと、待ってね」と、あゆさんは振り返ってシャワーで水を
少し口に含むと、もう一度こちらへ向き直りました。そのまま顔を
そっと近づけ、握っていた僕のペニスを優しく咥えてきたのです。
 ひんやりと冷たい彼女の口腔に、一瞬にして包みこまれたその
感触が、風呂上がりで火照った僕の全身を駆け巡りました。

132 :どっちの名無しさん?:02/08/17 15:49
129の続き
 きっとこれまでには芸能界の凄い大物とも、関係を持ってきたんだ
ろうなぁ、と僕はため息をつくような思いで見惚れていました。
しかし、少なくとも今は僕の体を求めて、その奥まった場所から
じわじわと潤んできているのが分かります。密度の濃い茂みをかき分け、
襞の合わせ目を探ると、そこに埋もれたいかにも敏感そうなクリトリスも、
露に濡れたような姿で震えていました。
 通常では決して考えられない、あゆさんとのこんな状況に圧倒され
ながらも、僕は少しずつ大胆になって、舌と指での愛撫に没頭しました。
「ああ、いい・・・」あゆさんは身をよじるようにして、切ない声を漏らし
はじめました。その度に、彼女の可愛いらしいお腹が波打つように動く
のが分かります。


133 :どっちの名無しさん?:02/08/17 15:50
 そんなあゆさんの反応を、自分がひき出していることにたまらない歓びを
感じながら、僕は汗まみれになって愛撫を続けていきました。その際にも、
外縁にまばらに生えた茂みの名残や、遠慮がちなアナルの窪みの刺激的な
眺めが目に入ります。今やあゆさんの全身から発せられている淫らな雰囲気に
酔いしれながら、僕の興奮はますます高まっていきました。
 次第にあゆさんの声が、悲鳴にも似た大きなものになってきました。
そして遂に耐え切れなくなったように、
「あゆ、もうこれ以上ダメ。早く入ってきて・・・」と言って起き上がると、
体勢を換えて僕の上に跨ってきました。ペニスを手に取って合わせ目の
部分を探ると、そのままゆっくりと騎乗位の体勢で腰を沈めてきます。
 熱いぬかるみに吸い寄せられ、僕のペニスはあゆさんのなかに根元まで
完全に包みこまれました。


134 :どっちの名無しさん?:02/08/17 15:51
「うぅ、んっ・・・」
あゆさんは眉をひそめて、少し苦しそうな表情を浮かべています。それでも
すぐに自分から激しく腰を使って動きはじめるのだから、女の子の性欲は
不思議なものです。
 動きが一定のペースに乗ってくると、さらにあゆさんは僕の両手をとって
自分の胸まで導き、その弾力をしっかりと押し付けてきました。僕は掌で
その柔らかな胸の感触を味わいながら、一方では彼女の締めつけに対抗して、
思い切って腰を突き上げていきました。
「ああ、いいよォ。スゴイ、奥まで届いてるよぉ!」
あゆさんは頭を振りながら、泣き叫んでいるかのように声をあげています。
しかし、やがて彼女はその体勢に耐え切れなくなり、倒れるようにして僕の
体にしがみついてきました。 


135 :どっちの名無しさん?:02/08/17 15:52
 あゆさんは両手で僕の頭を鷲掴みにして、そのまま唇を吸ってきます。
口のなか一杯にあゆさんの滑らかな舌の動きを感じながら、僕はその激しさに
つり込まれて、思わず彼女の華奢な体を強く抱き締めました。あゆさんは
それでもなお「もっと強く、ギュッとしてよぉ!」と繰り返し訴えてくるので、
僕はさらに力をこめて、小刻みに震えている彼女の体を抱き締めていきました。
 僕はあゆさんの体をそっと抱き起こし、体勢を入れ替えることにしました。
今度はこちらから思いっきり攻めることにしよう、彼女もそれを望んでいる
ように感じたからです。
 しかし残念なことに、正常位になるには洗い場の床は固すぎて、さすがに
彼女の体を痛める可能性がありました。僕が躊躇していると、あゆさんも
それを察したのか、
「ねぇ、今度はバックからして」と、自分ら僕の前にヒップを突き出すと、
手を突いて屈んだ姿勢になりました。決して大きくはないものの、惚れ惚れ
するほど形の良いヒップがこちらを向いています。


136 :どっちの名無しさん?:02/08/17 15:53
僕はしっかりと両手で掴むと、角度をあわせ、あらためてペニスを彼女に
押し入れていきました。
「ああ、いい・・・」
またしてもあゆさんはすぐに反応し、声を発すると、自分から両腿を寄せる
ようにして、さらに締めつけてきます。それまで以上の快感に包まれて、
これには思わず僕も唸ってしまいました。
 そのままゆっくりと奥まで進み、少しずつ腰を動かしはじめます。
視線を落とせば、あゆさんの透明な液に濡れて光っている自分のペニスの
出没する様子がはっきりと見え、ああ、あゆさんと繋がっているんだ
という実感があらためて湧いてきました。
 僕はもう一度息を整え、あゆさんのくびれた腰を掴み直すと、ヒップを
自分の下半身に打ちつけるように、大きな振り幅で突撃を続けました。

137 :どっちの名無しさん?:02/08/17 19:37
「凄いよ。あああ、ダメっ、いきそう・・・」
あゆさんは苦痛を訴えるかのように、いよいよ切羽詰った声であえぎ
はじめました。すると不意に、僕は下腹部の一帯に何か温かいものを
感じたのです。そこだけ不思議な温かさに包まれたような、くすぐったい
感覚でした。
 すぐに、これは彼女が潮を吹いたのだと気づき、感動した僕はあらためて
結合部を見つめながら、さらに激しく腰を動かしていきます。
「ああ、ダメっ、出る・・・」
またしても、あゆさんは勢いよく潮を吹きながら、絶頂に達していきました。
それを眺めるうちに、いよいよこちらの快感も限界に近づいてきたので、
僕はそのことを彼女の耳元に告げました。


138 :どっちの名無しさん?:02/08/17 19:39
すると、あゆさんはすぐに自分からペニスを抜き、そのまま僕の足元に
跪いて、急き立てられたかのように口で咥えてきました。今度は前回より
手の動きを強くしながら、僕を追い込むために最初から激しく攻めたてて
きます。
 時折ちらちらと僕の反応を窺ってくる、あゆさんのその表情だけでも、
僕の快感は一気に加速し、膨れ上がっていくのが分かります。
「ああ、もうホントに、いきそう・・・」
果たしてそのまま口のなかに出してよいものかと、僕は無意識に腰を引き
かけたのですが、それでも彼女は口にくわえたまま離そうとしません。
その代わりに、僕の方を見ながら、さらに動きを速めてきたのです。
快楽の波が一気に押し寄せ、眩暈のような一瞬を迎えると、すべてが
あゆさんの唇に吸い込まれていきました。


139 :どっちの名無しさん?:02/08/17 19:39
 もちろん、あゆさんとはこの時以来、一度も会ったことはありません。
自分でも、あの日の出来事は、人気アーティストのあゆさんにとって、
仕事の合間の、気まぐれなハプニングだったのだろうと思っています。
ただ後になって、スタッフの方の振る舞いなどを考え直してみると、
意外にこういうハプニングというのも、普段からあるのかもしれないと、
ついつい邪推してしまうのですが・・・。

==おわり==


140 :どっちの名無しさん?:02/08/17 19:47
「ました」口調ってエロで使うとなかなか淫靡に聞こえていいんだよね
なんか「あゆさん」って呼び方が禿げしく新鮮なんだが・・・

個人的にヨッチャン×アユとか見てみたい自分は逝ってよしだろうか・・・


141 :どっちの名無しさん?:02/08/17 20:02
タイトル「今日もホテルでハメまくりのあゆ」
チェリーボーイ好きなあゆ、今日は街の中で逆ナンをしてチェリーボーイを捕獲、ラブホへ逝き
あゆは男のズボンとパンツを下ろし、フェラチオを始める、男はすぐ
逝ってしまった、そのあとあゆは男をベットへ押し倒し男の上に乗り
マ●コに彼のち●こを入れた、あゆは彼にイヤラシイことを言いながら
激しく腰を動かすそこに浜ヲタ乱入!彼とあゆは驚きを隠せない、
でもすぐに3Pになってしまった、彼はあゆのアナルに出し入れ、
あゆは浜ヲタのちんこをしゃぶりはじめる浜ヲタと彼とあゆは逝ってしまった・・・


142 :どっちの名無しさん?:02/08/17 22:52
タオル一枚姿で市街地へ行って欲しい・・・

143 :sd:02/08/17 23:11
>>142
同感!そんな小説キボーン!!!!!!!!!!

144 :sd:02/08/18 13:04
キボン

145 :どっちの名無しさん?:02/08/18 13:15
きぼん

146 :sd:02/08/18 20:53
お願いします

147 :どっちの名無しさん?:02/08/18 23:53
昔読んだエロ小説で、ホテルでシャワー浴びてて何らかの事情でタオル一枚で出てドアのオートロックが掛かってさぁ大変!ってシュチュエーションのがあったんだけど・・・

148 :どっちの名無しさん?:02/08/19 00:11
あゆのエロ小説
http://teri.2ch.net/ami/kako/979/979125989.html

149 :どっちの名無しさん?:02/08/19 01:46
エロというよりグロというほど内容のないスレ。

150 :どっちの名無しさん?:02/08/19 04:12
やはり野村×あゆキボン

151 :どっちの名無しさん?:02/08/19 04:17
http://profiles.yahoo.co.jp/tengaiten2002

152 :142:02/08/19 23:54
タオル一枚姿で市街地へ行ってしまう小説きぼーん!

153 :どっちの名無しさん?:02/08/20 18:13
書いて

154 :どっちの名無しさん?:02/08/20 18:32
↓ここで祭りの予定
http://www.2shotroom.com/2shotroom/2shot.html

155 :どっちの名無しさん?:02/08/20 21:54
書いて

156 :どっちの名無しさん?:02/08/21 07:34
>>150
そんなの嫌だ

157 :どっちの名無しさん?:02/08/21 11:07
昔見た洋画で、女がシャワー浴びてる時に殺人鬼が襲ってきてタオル一枚で逃げ回ってたホラー映画があった。
メチャ怖くて見るのにタイヘンだった。

158 :どっちの名無しさん?:02/08/21 22:35
>>157
13日の金曜日シリーズだ!

159 :どっちの名無しさん?:02/08/22 11:10
小説きぼーん

160 :どっちの名無しさん?:02/08/22 12:58
http://www.geocities.co.jp/Playtown-King/5454/mumu.swf

161 :どっちの名無しさん?:02/08/25 19:52
キボンヌ

162 :どっちの名無しさん?:02/08/25 22:37
>>160
ワラタ

163 :どっちの名無しさん?:02/08/25 22:51
>>160ジョウデキですがなにか?
東京ミュウミュウ激しくワラタ

164 ::02/08/25 23:00
http://www.rr.iij4u.or.jp/~uretaiki/peep/
どうぞ

165 :どっちの名無しさん?:02/08/26 04:22
あげ

166 :どっちの名無しさん?:02/08/29 01:10
きぼーん

167 :月宮あゆ ◆kaNON/L6 :02/08/29 03:33
あゆをバカにするな! あゆ萌え〜

168 :どっちの名無しさん?:02/08/29 11:59
  〃⌒⌒ ヽ、
∠f(ノノ)))))))、   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\〉リ´∀`)ノフ < ちぃ〜
 ノ(.Rつ:ヘR]つ   \_______
(((/リ;;;;;;;;;;リ)))
 ))(__)___)((


169 :どっちの名無しさん?:02/09/04 02:20
agechau

170 :どっちの名無しさん?:02/09/08 23:09
kibo--------------------------n

171 :どっちの名無しさん?:02/09/20 01:01
おれたちがパチンコで負けてむしゃくしゃしているところに一人の女の子が走って
来たんだ。その子は、まるで乱暴でもされたかのように、服はちぎれ、裸足だった。
大きなサングラスをしていたから、顔は分からなかったが、小柄で跳ねるような
機敏な体の動きだけ、印象に残っている。
あたりは薄暗かった。何しろもう十時を回っていたから。その上、ここは人気の
無い公園だ。木の側には、浮浪者のバラックがところせましと建てられている。
そんなところを一人の女の子が走ってきたから、おれたちは慌ててしまった。
女の子は、サングラスの下から、くりくりとまあるい眼でおれたちを見つめた。
声が嗄れているのか、おれたちにはその子が何を言っているのか分からなかった。
しかし、どうやら助けを求めているらしい。おれたちの仲間の一人が服を彼女に
着せてやった。
「何かあったのか?」彼女は答えない。小刻みに肩が震えている。泣いているようだ。
向こうで数人の男たちがわめきながら走っていく音が聞こえた。随分、慌てている
ようだ。せっぱつまった怒声に女の子はしゃがみこんでしまった。
「おい、大丈夫か?」おれは、彼女の顔を覗き込んだ。
そのとき、彼女が下着を着けていないことに気が付いて、おれはすぐ顔をそむけた。
「・・・・・」声が出せないらしい。彼女は、口をしきりに動かしている。
おれたちは、彼女を安全なところまで送ってあげることに決め、上着を着せ
まるで仲間のふりを装って、公園をでた。途中で男たちとすれ違ったが、なんとか
ごまかせたようだ。
そして、おれたちは、四人で車に乗り込んだ。

続く。


172 :どっちの名無しさん?:02/09/20 01:02
車の中で終始彼女は喉の奥から声を出そうとしていた。小鳥がトリモチ
につかまったときみたいに、ぴいぴいと鳴いていた。
「おい、こいつ浜崎あゆみに似てねえ?」助手席の友人が運転している
おれにこっそりつぶやいた。おれはバックミラーを一瞥したが、暗くて
よく分からなかった。彼女の隣に座った友人は酔いが回ったのか寝て
しまっていた。彼女はおれの視線に気が付いたのか、すこしだけ身を
よじるそぶりをした。
「やっちゃおうぜ」助手席の友人がささやいた。
「なあ、あんた、浜崎だろ?」Kは、後ろに身を乗り出し彼女のサン
グラスをひったくった。すると、ぼんやりとだけれど、まぎれもなく
浜崎あゆみがいた。
「マジ・・・かよ・・・」Kは複雑な顔をしていた。
「あんた、ホントに浜崎か?」Kは逆に冷静になったらしく、後ろの
席へ移動し、男二人で挿む形をとった。おれは、運転しつづけている。
どこへ向かおうか、少し迷い、おれは、北へ向かうことにした。

相変らず、彼女は何かを言おうとしていた。Kはそれを聞こうと、
唇に耳を近づけた。
「はやく、家に帰してよ・・・?」Kは苦々しく言った。
そんなことだったのか・・・おれは力が抜けた。バックミラーを見ると
Kが浜崎の唇を塞いでいた。彼女は必死で抵抗していたが、目覚めた
Jに両腕を抑えられ、小さな顔はKの両手に捕らえられていた。
バックミラーからでは、彼女の苦しげな顔しかみえない。
どうやら、Jは手を胸にさし込んだようだった。
彼女が眼を見開く姿が見えた。



173 :どっちの名無しさん?:02/09/20 01:03
おれは、バックミラーを少し下げた。そうすることで、彼女の上半身が見えた。
Kが剥ぎ取ったのだろう、すでに上着を着ておらず、破れた白いシャツから、胸
の谷間がかすかに見えていた。Kは今、彼女を羽交い締めにして、Jに向かい合わ
せている。
「J、お前、童貞だろ?この際、あゆにおろしてもらえよ。いい記念になるぞ。」
「お、おれ?でもこれ、もしやったら、レイプになるよね?」Jの弱々しい声が
聞こえた。いつのまにか、彼女の口の中には窓拭き用の手ぬぐいが詰め込まれて
いる。
「じゃあ、やんなきゃいいよ。お前、浜崎あゆみのCD集めてたもんな。
そりゃあ、できねえってな。でも、ジーンズ濡れてると、あゆも気持ち悪い
だろうから、ちょっと脱がしてやれよ。それくらいできんだろ。」
Jはいわれるがままに、彼女の穿いているローライズジーンズの前ボタンに
手をかけた。彼女は、抵抗するようにピチピチと腰をふった。はちきれん
ばかりの尻が波をうった。
「硬くて・・・とれたっ!あゆ、気持ちわるいだろ。今、脱がせてあげるよ」
Jは、力を入れてズボンを引き下げようとするが、右手を蹴られて少しひるんだ。
おれは、バックミラー越しに、彼女のパンティの色を見た。ヒョウ柄なのかな、
と思っていたが、白かった。少しだけ、ホッとした。
Kは髪の毛を引っ張りながら、白いシャツのボタンを外そうとしている。暴れた
彼女の足が、Jの膝に当たった。
「何すんだよ!」Jは激した。火事場の馬鹿力とでもいうのだろうか、ジーンズ
は膝まで降りた。彼女は必死でふとももを閉じている。しかし、そのことによっ
て逆に彼女は足の自由を失っていた。
おれは、彼女の口から低音のうめき声を聞いたような気がした。


174 :どっちの名無しさん?:02/09/20 16:23
援護!

175 :どっちの名無しさん?:02/09/21 01:20
誰かつづきキボンヌ


176 :   p:02/09/21 01:22
ロリ
http://www.venusj.com/sample.htm

177 :どっちの名無しさん?:02/09/21 07:39
ハァハァ

178 :どっちの名無しさん?:02/09/27 00:59


179 :どっちの名無しさん?:02/09/27 22:56


180 :ななし:02/09/28 04:09
感じ悪い。

181 :どっちの名無しさん?:02/10/08 15:55
ayu


182 :どっちの名無しさん?:02/10/17 18:25
ちんぽたってきた









183 :どっちの名無しさん?:02/10/18 03:56
http://muvc.net/lilith10/text/urakagyou01.htm
http://muvc.net/lilith10/text/urakagyou02.htm
http://muvc.net/lilith10/text/urakagyou03.htm
http://muvc.net/lilith10/text/urakagyou04.htm
http://muvc.net/lilith10/text/urakagyou05.htm


184 :どっちの名無しさん?:02/10/25 22:14
良すれ

185 :名無しさん:02/10/25 22:22
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/otimpo/
淫乱看護婦

186 :どっちの名無しさん?:02/10/25 22:28
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/ami/1015486621/l50

187 :どっちの名無しさん?:02/10/27 18:51
ホッシュ

188 :どっちの名無しさん?:02/10/31 14:42
あげ

189 :どっちの名無しさん?:02/11/07 18:14
age

190 :どっちの名無しさん?:02/11/16 16:21
おりゃ

191 :どっちの名無しさん?:02/11/17 00:44
今日は俺がみた話をしようと思う

192 :どっちの名無しさん?:02/11/17 10:09
して

193 :どっちの名無しさん?:02/11/19 22:57
あげ

194 :どっちの名無しさん?:02/11/24 18:46
あゆはおなぺっと

195 :どっちの名無しさん?:02/12/05 00:46
AYU

196 :どっちの名無しさん?:02/12/12 11:59
今日もあゆたんでしこしこ

197 :どっちの名無しさん?:02/12/14 20:16
ハアハア

198 :どっちの名無しさん?:02/12/14 20:17
クランクS字

199 :どっちの名無しさん?:02/12/17 23:40
ながせとまったりセックス小説キボンヌ

200 :どっちの名無しさん?:02/12/25 17:03
200








201 :どっちの名無しさん?:03/01/02 19:12
ハアハーあげ

202 :どっちの名無しさん?:03/01/10 02:42
あげ     

203 :山崎渉:03/01/10 13:06
(^^)

204 :どっちの名無しさん?:03/01/15 22:09
ちんこちんこ

205 :ノーマット゛ ◆yGAhoNiShI :03/01/26 09:14
山崎渉(^^)萌え〜。

206 :どっちの名無しさん?:03/01/26 19:28
ちんぼ

207 :どっちの名無しさん?:03/02/06 23:14
良スレあげ

208 :ありさ:03/02/09 13:55
私は女ですが、みてて楽しいです。なんだかまんこが生ぬるくなってきました。もっと激しいのたくさん書き込んでください!

209 :どっちの名無しさん?:03/02/09 13:57
>208


210 :ありさ:03/02/09 14:09
いやいや女ですってば、みます?下。揉みます?上。舐めます?両方

211 :土田雄一:03/02/09 14:12
土田雄一です!!





彼女募集中です!!




僕ロリコンです!!

212 :どっちの名無しさん?:03/02/09 14:24
エンコウし炉。その後口説き落とすのがベストかと思われ。

213 :どっちの名無しさん?:03/02/13 19:06
あゆ顔







214 :どっちの名無しさん?:03/02/19 11:35
上げ










215 :どっちの名無しさん?:03/03/05 09:13
ほぜん

216 :どっちの名無しさん?:03/03/13 11:05


217 :どっちの名無しさん?:03/03/22 03:34
age

218 :どっちの名無しさん?:03/04/02 13:03
俺文才ないから無理。

219 :どっちの名無しさん?:03/04/04 13:13
茅ヶ崎ちゃんねる
http://jbbs.shitaraba.com/travel/1213/chigasaki.html

220 :山崎渉:03/04/20 00:29
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

221 :どっちの名無しさん?:03/04/23 17:37
http://tv.2ch.net/ami/kako/1011/10111/1011170663.html

222 :どっちの名無しさん?:03/04/26 21:11

降臨しないかな

223 :rose:03/04/26 23:16
??%%!!  http://www.ec-affiliate.com/jjm/rose/  !!””??

ZZZZ!!  お得なDVD有ります。 1枚 888円です。  ZZZZ!!


224 :どっちの名無しさん?:03/05/02 06:16
あゆとオレのSEX実体験話(・∀・)イイ!

225 :どっちの名無しさん?:03/05/04 00:53
語れよ

226 :どっちの名無しさん?:03/05/04 08:46
http://plaza8.mbn.or.jp/~mnet_hp/idol01.html

227 :どっちの名無しさん?:03/05/04 08:48
>>224
ちょっと聞きたい・・・

228 :どっちの名無しさん?:03/05/13 03:42
あゆのエロ話は奥が深い

229 :どっちの名無しさん?:03/05/20 21:36
勝たれよ

230 :流せ:03/05/20 22:08
あゆみとはよく大麻吸引してた

231 :山崎渉:03/05/28 12:56
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

232 :どっちの名無しさん?:03/06/03 10:26
hosyu

233 :どっちの名無しさん?:03/06/06 10:43
age

234 :どっちの名無しさん?:03/06/12 13:04
age

235 :どっちの名無しさん?:03/06/12 17:27
「ふふっ・・・こんなに大きくなってるじゃない・・・」
「あっ・・・あゆさん・・・」
「ふふっ・・・ねぇ・・・してほしいの?」
「いっ、いや、その・・・」


236 :どっちの名無しさん?:03/06/13 05:09
あゆ犯した。

237 :どっちの名無しさん?:03/06/14 00:27
このスレにあるよ
http://wow.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1048381013/l50

238 :たっちん:03/06/15 15:47
あゆ  :「今日も疲れた・・・・」
トム  :「今だ!」
ジョー :「Yes sir!」
(ガサっと音がする)
あゆ  :「・・・・・??・・・・何でもないか」
(トムがあゆを背後から襲う)
あゆ  :「キャァァァうぐっ・・・・!」
トム  :「おい、ジョー!そのまま、草村へ!」
ジョー :「yes sir!」
(草村へ連れていかれる)
あゆ  :「何するのよ!」

239 :たっちん:03/06/15 15:53
トム   :「Be quiet!おとなしくオレの言うコトを聞け!
       いいか、反抗すると痛い目みるぞ。」
あゆ   :「イ・・・・イヤ・・・・・」
ジョー  :「トム。早く脱がそうゼ!」
あゆ   :「キャァァァァァァ」
(白い胸を揉む)
トム   :「んー割とイイ胸してんじゃねーか。」
あゆ   :「あ・・・・あん」
ジョー  :「乳首も噛むぜ・・・・」
あゆ   :「あぁん」
トム   :「てめぇ、ダミ声の割にはイイ声出すじゃねーか。そそるな」
ジョー  :「うなじもうめぇっす・・・・・」
あゆ   :「イヤァ・・・・お願いだからやめてぇ・・・・」
トム   :「・・・・そろそろブツを挿入しようか・・・・」 

240 :たっちん:03/06/15 15:58
あゆ  :「は?!」
ジョー :「コイツ、濡れてまっせ」
(トムがあゆのマ○コをいじくる)
あゆ  :「イヤァァァァァ・・・・あん」
トム  :「よっしゃ。入れるぜ、ヒヒヒヒ」
(挿入)
あゆ  :「いやぁぁぁぁぁぁ 痛いぃぃぃぃぃ あぁぁぁ」
トム  :「気持ちイイゼ!・・・・・・・あぃ・・・・」
あゆ  :「いやぁぁぁぁぁぁん  あぁぁん やめてぇ」
トム  :「逝きそう・・・・・ううっ」
あゆ  :「あぁぁぁぁぁぁぁぁー・・・・・・」
トム  :「はぁはぁ・・・」
(あゆの汁には血が混じっている)
トム  :「・・・・処女だったのか。通りでシマリがいいと思ったぜ、ヘヘ」
ジョー :「コレであゆの芸能人生も終わりだな」
トム  :「そうだな、ははははははははは」

あゆ  :「・・・・・・・」

=THE END=
 

241 : :03/06/15 16:17
★炉里祭りワショーイ★
ttp://www.cybersexhost.com/asian-country/index3.html
白い枠の中の、青い「click here 」をクリック。
次のページでパスワードを聞かれるので
wareme10sai と入力
これでモ炉個人撮影動画20本見れるYO!  
  

242 :たっちん:03/06/15 20:28
小説書いたよage

243 :どっちの名無しさん?:03/06/15 20:30
なかなかイイ

244 :どっちの名無しさん?:03/06/25 02:26
半立ち

245 :どっちの名無しさん?:03/07/04 19:25
age

246 :山崎 渉:03/07/15 09:18

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

247 :どっちの名無しさん?:03/07/15 16:11
age

248 :どっちの名無しさん?:03/07/23 14:48
age

249 :なまえをいれてください:03/07/24 19:36
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

250 :どっちの名無しさん?:03/07/25 14:39
あげ

251 :どっちの名無しさん?:03/08/04 06:06
w

252 :どっちの名無しさん?:03/08/04 06:09
はい!どうぞww結構面白かった〜特にあゆと長瀬のとこw

http://icelake.hp.infoseek.co.jp/anime/fool.swf


253 :どっちの名無しさん?:03/08/13 09:42
保守age

254 :山崎 渉:03/08/15 10:41
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

255 :どっちの名無しさん?:03/08/17 11:16
age

256 :どっちの名無しさん?:03/08/17 11:19
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0306/26_01/index2.html
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0306/26_01/

犯罪者の顔、住所、両親の住所などを暴いてきた
「探偵ファイル.COM」にも、
あゆのパクリ情報が!
てか、2ch の盗作リストがソースらしいけど

257 :どっちの名無しさん?:03/08/17 19:26
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0306/26_01/index2.html
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0306/26_01/

犯罪者の顔、住所、両親の住所などを暴いてきた
「探偵ファイル.COM」にも、
あゆのパクリ情報が!
てか、2ch の盗作リストがソースらしいけど


258 :どっちの名無しさん?:03/08/21 13:52
保守

259 :どっちの名無しさん?:03/08/30 19:43
hosyu

260 :どっちの名無しさん?:03/09/09 13:37
age

261 :どっちの名無しさん?:03/09/09 16:17
1行でいいから書け

262 :どっちの名無しさん?:03/09/19 12:23
誰か書け


263 :どっちの名無しさん?:03/10/27 17:36
あゆとドッピオ
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/ami/1052392073/

264 :どっちの名無しさん?:03/11/30 20:09
あげ

265 :どっちの名無しさん?:03/12/02 22:31
あげ

266 :どっちの名無しさん?:03/12/02 23:37
<デビューの裏話part2>
専務:なぁ浜崎、歌手で再デビューしたいんだろ? そこのホテルで待ってるから。
浜崎:あっ、待って〜!もしデビューさせてくれたら、そのホテル行くよん。
専務:お約束通りオレの一言でデビュー出来たなおめでとう!例のホテルで待ってるから。
浜崎:まだだめ〜!今度はミリオン行かなきゃ。そしたらそのホテル行くよん。
専務:お約束通りオレの力でミリオン達成だなおめでとう!また例のホテルで待ってるから・・
浜崎:まぁだだよ〜ん!今度はレコード大賞取らなきゃ。そしたらそのホテルすぐ行くよん。
専務:会長の力でレコ大達成だなおめでとう!そろそろお約束通り!!例のホテルで待って・・
浜崎:実は...ダーリンできたんだ・・。
専務:えっ、噂では聞いてたが・・ジャニさんとこのN.T.だろっ!?
浜崎:ゆきちっ!
専務:はぁ!?
浜崎:福沢さんだよ・・知らないの?
専務:お前さぁ、この業界入ってすっかり汚れちまったな・・。

267 :どっちの名無しさん?:03/12/02 23:39
全裸女性にびっくり、繁華街でAV撮影…名古屋
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20031025i215.htm
愛知県警は25日、名古屋市の繁華街でアダルトビデオを撮影したとして、カメラマンMrカス(35)
(同市瑞穂区)、あゆ(25)(同市千種区)両容疑者ら6人を公然わいせつの疑いで逮捕した。
調べによると、あゆ容疑者は同日正午ごろ、同市中区錦3の交差点で、コートを脱いで全裸にな
り、これを横断歩道の両端から、Mrカス容疑者ら2人が撮影した。通報で警戒していた警察官が
現行犯逮捕した。他の3人は監督役や見張り役。
調べに対し、韓容疑者は「これまでに同様のアダルトビデオを20本ぐらい撮影した。通行人がびっ
くりするので、面白い作品ができると思った」と供述しているという。

268 :どっちの名無しさん?:03/12/03 00:06
残された 遠い昔の 包茎手術の傷跡が疼き出して
また震えてる心 隠して 微笑みに すり替えた
いくつになっても 相変わらずな 僕のチンポは
今でも 粗チンで 強がる事ばかり 覚えて行く

※流れ出る精液は 溢れるのに
ねぇ 上手く ムキムキにならない
巨根に 出会えていなければ こんな
もどかしい痛みさえも 知らなかったね

少しづつ 認めはじめた 癒されぬ過去のチンポと
拒めない 短小包茎にいくら 怯えても仕方ないと
あとどの位の 自信を持てたら私は 大事な皮だけを
エラを張って 大事と言えるだろう

△亀頭の裏筋は感じるのに
ねぇ いつも SEXできない
誰もが こうして 巨根にならない
コンプレックスを抱えながら今日も生きている

※リピート
△リピート

269 :どっちの名無しさん?:03/12/03 00:08
「世界に一つだけのちんこ」〜Sushi as only one〜
ビデオ屋の店先に並んだ いろんなちんこを見ていた
ひとそれぞれ好みはあるけど どれもみんな綺麗だね
この中でどれが一番なんて 比べる事もしないで
店先の中誇らしげに ぴんととちんこが勃っている
それなのに僕ら人間は どうしてこうも比べたがる?
一つ一つ違うのにその中で 一番になりたがる?
そうさ僕らは世界に一つだけのちんこ
一人一人違うタネを持つそのちんこを勃たせることだけに一生懸命になればいい
困ったように笑いながら オナニーをしている人がいる
頑張って勃たせたちんこはどれも 綺麗だから仕方ないね
やっと店に出てきた その人が持っていた色とりどりのビデオと ホクホクしたちんこ
名前も知らなかったけれど あの日僕らに調教してくれた
誰も気付かないような場所に 勃っていたちんこのように
そうさ僕らは世界に一つだけのちんこ
一人一人違うタネを持つそのちんこを勃たせることだけに一生懸命になればいい
小さいちんこや大きなちんこ一つとして同じものはないから
NO.1にならなくてもいいもともと特別なOnly one

270 :どっちの名無しさん?:03/12/03 00:29
        誕 生 日 編

長瀬:今夜は本当におめでとう!そろそろココに入れてもいいか?
浜崎:うん・・いいけど。
長瀬:あっ、あれ!?
浜崎:今・・入れた!?
長瀬:たしか・・ココのはずなんだけど!?
浜崎:なんか入って無いみたいだよ・・
長瀬:自慢じゃねーがオレのって業界じゃデカイlって噂があるんじゃけど・・
浜崎:入ってるけど、なんか気持ちよく無いよ・・
長瀬:なんかさ、前よりガバガバねぇ?
浜崎:えっ!どうして? ヒドイよぅ〜
長瀬:もういいよ・・今夜は帰って自分の部屋でねる!!
浜崎:でもさ、今夜のダーリン小さいんじゃないの?
長瀬:はぁ?何分けわかんねこと言ってんのぉ!?自分の胸に聞いてみろよ!
浜崎:どう言うこと?
長瀬:もういいじゃぃボケッ!!

浜崎:ヒドイよダーリン・・あゆの誕生日なのになんか冷たいよ〜シクシク。

271 :どっちの名無しさん?:03/12/03 13:20
浜崎:自分の胸って・・そんなに大きくないからシゴクの無理だよ〜

272 :どっちの名無しさん?:03/12/03 16:33
>>268
No way to sex?

273 :鮎麻呂:03/12/03 16:42
↑うまい。

274 :どっちの名無しさん?:03/12/03 19:26
                 ∧∧
                 (*゚ -゚)
                /  |       (◎).(○(◎)
              〜OUUつiwiw,,.iiwiiヽ|ノiヽ|人|ソwyiwii,..



おい糞虫こんなとこでなにしてんだ
        ∧_∧         ∧∧
       ( ・∀・)っ   `从; ≡(#T;0゚);, '
       と    二⌒) ∵; ≡とと ノ ; ,∴
        / / ̄   ̄ ,W:≡と_ノ〜   (◎).(○(◎)
       (__)    ドカッ!!  (/iwiw,,.iiwiiヽ|ノiヽ|人|ソwyiwii,



               バキッ!!
        ギャシィッ!!   ∧_∧ ∧_∧  ==
           ∴`:;(。0(::(⌒ヽ∀・ )  ==
          ∴  ヽ⊃⊃` ゝ  \_ ==
               ヽ_つつヽ Y__) ))
                   (_ノ




275 :どっちの名無しさん?:03/12/03 19:29
    (´⌒ノ;;⌒;;⌒`;;"⌒)゙~.
     γ;⌒;`⌒`・〜'⌒`)'  燃やして暖まろう
    `; '(´(;⌒;⌒´;,、⌒;ノ;;(  ∧_∧
      (´⌒;;ノ;人;;从;⌒`), (・∀・ ) ヤーアッタカイ
     ・'⌒(ヾ´;从;;人从ヽ:;;━と  と)
     (;从;人;;人;;);O。从;;")(_(_,J
           ア゙ジィ゙ィ゙ィ゙ィ゙ィ゙ィ゙ィ゙!!!!!



                 黒コゲになっちゃたよ・・・
                     ∧_∧
                    ( ・∀・)
        ∫ ∫∫        (    )
      ∫.,,,,,,..,,,,,...,,,,∫      人  Y
     ∫と;;;;;;と(;;。,;;。;)つ∫   し'(__)

276 :どっちの名無しさん?:04/01/11 21:39
                 ∧∧
                 (*゚ -゚)
                /  |       (◎).(○(◎)
              〜OUUつiwiw,,.iiwiiヽ|ノiヽ|人|ソwyiwii,..



おいハマヲタこんなとこでなにしてんだ
        ∧_∧         ∧∧
       ( ・∀・)っ   `从; ≡(#T;0゚);, '
       と    二⌒) ∵; ≡とと ノ ; ,∴
        / / ̄   ̄ ,W:≡と_ノ〜   (◎).(○(◎)
       (__)    ドカッ!!  (/iwiw,,.iiwiiヽ|ノiヽ|人|ソwyiwii,



               バキッ!!
        ギャシィッ!!   ∧_∧ ∧_∧  ==
           ∴`:;(。0(::(⌒ヽ∀・ )  ==
          ∴  ヽ⊃⊃` ゝ  \_ ==
               ヽ_つつヽ Y__) ))
                   (_ノ

277 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

93 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

    ,,,''';;;;;;;;''                                      ヽ   /
      ,,;;;;;;;'''',,,                                     \ /
     ,,,;;;;;;;;;;;;;;;'''                                      ゙"
     '''''''';;;;;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,
       '''''''''''''''""""""'''''';;;;;;;;;;,,,, 二;;、、::::::::::::::::::::        ::::::::::::l::::.!゙!;;!::;:.l,;;,!:::.l.!::::::".!.′
   詳細きぼう              ゛   : ´                  ´


1.166<>
ce="Arial">current ships(5) news4vip軍
# hage 15000
# a 30000
# kisotu 19664
# deriban 40000
# okasi 17657
!vip2:stop:
---
見習い戦士のふつうの攻撃
ログインしてないです。
095041501/1" target="_blank">>>1
>>1>>1
>>1★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)