5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

時代劇の理不尽な点を強引に解釈するスレ 弐

1 :名乗る程の者ではござらん:03/06/23 23:33 ID:???
時代劇を見ていて不思議に感じたことを質問しましょう。
優しく知識あふれる方々が納得のいく解釈を与えてくださる事と思います。

前スレ
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/kin/1030990830/


324 :名乗る程の者ではござらん:03/11/16 02:31 ID:tt3LNKL5



325 :名乗る程の者ではござらん:03/12/16 00:10 ID:EbAqaKB3
仕事人の中村家についでですが、
せんは早く後継ぎが欲しいにも関わらず、
りつとモンドが仲良くしていると露骨に不快感を表すのはなぜですか?

326 :名乗る程の者ではござらん:03/12/23 16:37 ID:+7s6lbEe
め組の親分が代々演歌歌手のような気がするのはなぜですか?

327 :名乗る程の者ではござらん:03/12/23 18:45 ID:jfiaNtLd
大納言が黄門さまに居直ったら
さっそく後ろから前の関白をだしてきたなあ、ご一行。

328 :名乗る程の者ではござらん:03/12/23 18:47 ID:jfiaNtLd
このネタは同じらしき脚本で
別人がやった二パターンがある。
内容はあえて書かないが。

329 :名乗る程の者ではござらん:03/12/23 18:48 ID:jfiaNtLd
>>326
次は松原のぶえ女親分かもなあ。

330 :名乗る程の者ではござらん:03/12/24 03:39 ID:???
>>321
あったあった。
「前中納言がなんじゃ!麿は六条三位じゃ!」
↑(たしか「真田太平記」で井伊直正の役やってた人)

そうしたら久米明扮する菊亭大納言、いきなり登場みたいな。

正直、萎えたべ>肛門たま

331 : :03/12/24 17:36 ID:???
暴れん坊将軍Yで馬がものすごく苦しそうな顔をしています。将軍は太りましたか?
水戸黄門で静まれといわれて静まるのは何故ですか?

332 :名乗る程の者ではござらん:03/12/30 00:50 ID:anez1IvQ
時期大河ドラマ「新撰組!」の「!」は一体何なんですか?

333 :名乗る程の者ではござらん:03/12/30 01:19 ID:???
>>330

久米明ではなく有島一郎では?
暴れん坊将軍のじいだった人。

334 :名乗る程の者ではござらん:03/12/30 01:39 ID:???
>>331
自分たちで暴れだしておきながら、今度は静まれという、
その身勝手なふるまいに皆、あぜんとしてしまうのです。
つまりその場にいる全員が、( ゚д゚)ハァ?って感じになるので
静かになるのです。


335 :333:03/12/30 01:54 ID:???
>>330
スマソ。
328さんが2パターンあるって言ってますね。
有島一郎ヴァージョンしか見た事がないのですが、
久米明ヴァージョンもあるという事なんですね。
ちなみにその時の黄門様は誰でしょうか?

336 :名乗る程の者ではござらん:03/12/30 06:08 ID:???
ここはもう強引解釈スレではなくなったのでしょうか。

337 :名乗る程の者ではござらん:04/01/09 07:26 ID:+a6imwpi
水戸黄門で、飛猿が現れると「ヒョオーッ」と何か猛獣が吠えるような音がするのはなぜですか?

338 :名乗る程の者ではござらん:04/01/10 16:40 ID:3vVxyKF6
このスレはもう死んだのか…?

339 :名乗る程の者ではござらん:04/01/11 12:24 ID:/ERFYmac
>>335
誰だったかなあ・・・。

たしか三位は最後まで黄門様に頭下げなかずに、後から出てきた
大納言だか大臣だかにはペコペコしてたが、考えてみりゃ封建社会
としては当たり前の光景なんだな。

340 :名乗る程の者ではござらん:04/01/12 20:50 ID:BYFNCVg/
>>337
「タラちゃんの足音」現象と同じです。

341 :名乗る程の者ではござらん:04/01/14 20:40 ID:4lujiJ63
age

342 :名乗る程の者ではござらん:04/01/15 04:08 ID:d5m57tgT
>>332
虎鉄よりしたたり落つる血のしずく
を現してます。

343 :名乗る程の者ではござらん:04/01/15 13:38 ID:???
>>281
かの獅子の頭を持てる武者の噂はかねてより耳に致せし事なれど、その名は南蛮の獅子を表すにはあらず、
雷の大音声を意味せし「雷音」を名乗れる由にて…

344 :名乗る程の者ではござらん:04/01/22 23:27 ID:1Scsv0W0
age

345 :名乗る程の者ではござらん:04/02/07 09:59 ID:monC4hEr
毎度同じ顔をした悪人が現れるのはなぜですか?

346 :名乗る程の者ではござらん:04/02/07 17:02 ID:???
クローン技術です。

347 :名乗る程の者ではござらん:04/02/12 20:27 ID:Ar7Vzz3c
なぜ水戸光圀はいつも越後のちりめん問屋を名乗りますか?
たまには違うバージョンもしたらどうかと思うのですが。

348 :名乗る程の者ではござらん:04/02/12 21:42 ID:IlZJMILB
>347
石坂バージョンでは「江戸の戯作者にっこくさい」
(漢字不明)と名乗ってますた

マジレスになっちゃいますた…

349 :名乗る程の者ではござらん:04/02/13 01:11 ID:St2lvdXh
>>347
老人というのは保守的なもので、一つの形に固執し、新しいバージョンをやることに激しい抵抗感というか、恐怖感があるからです。

350 :名乗る程の者ではござらん:04/02/15 03:38 ID:e4crgMVO
子連れ狼の大五朗は、毎回そのへんウロチョロしては事件に巻き込まれてます。
なんで学習しないのですか?

351 :名乗る程の者ではござらん:04/02/15 05:28 ID:lKKU1+rS
>>350
学習してるからこそ事件に巻き込まれるのです。
大五朗は頭がいいんですよ。

352 :名乗る程の者ではござらん:04/02/18 21:20 ID:gQ7QUgST
さんざん出ている疑問かと思いますが。
「遠山の金さん」
悪党たちは、なんで金さんの顔を覚えてないのでしょうか?
桜吹雪を覚えるくらいなら顔も覚えていそうなもんですが。

353 :名乗る程の者ではござらん:04/02/18 23:04 ID:zC7mc/fK
>>352
金さんの顔が平凡なのと、戦うことに意識を、そして桜吹雪に目を奪われて
覚えてないのではと考えられます。この困難を打開するためには、金さんを
一度見たら忘れられず、夢にまで出て来るような顔の役者にさせるより他な
いのですが、そうすると今度は桜吹雪がそれに負けてしまい、お白洲での効
果がなくなってしまいます。従って、桜吹雪も顔に負けないぐらいインパク
トのある色調にする必要があるのですが、結局は顔と桜吹雪のイタチごっこ
になってしまいかねません。

354 :名乗る程の者ではござらん:04/02/21 14:33 ID:K5DSUu7e
「必殺仕事人」
仕事料は分割払い可能でしょうか?

355 :名乗る程の者ではござらん:04/02/21 21:18 ID:???
マジレスすると極々初期は仕事前に半金貰い、成功した後に
残り半金を払うと言うシステムでした。が、途中で死んでしまう
依頼人が続出したためか一括払いとなったようなので、仕事
終了まで生き伸びられると仕事師たちを納得させられれば大
丈夫でしょう。

356 :名乗る程の者ではござらん:04/02/22 00:35 ID:nwg3Re9K
必殺仕掛人では仕掛料は何十両単位なのに、
仕事人では数両と格段に安いのはなぜですか?

357 :名乗る程の者ではござらん:04/02/22 00:48 ID:???
同業者が増えて価格破壊が行われました。

358 :名乗る程の者ではござらん:04/02/22 01:43 ID:???
>>345
実は日本を影で操ろうとする一族がいるのです。
ほら現在でもあるでしょ?
なんとかシスターズとかなんとか家とかなんとかコネクションとか。

359 :名乗る程の者ではござらん:04/02/22 22:57 ID:NAbCHbc1
演劇ファンだったんで「春の波濤」は面白かった。あとの2つは今の大河と同じくらいにつまらなかった。

360 :名乗る程の者ではござらん:04/02/23 19:53 ID:YyPSLFs/
あれ、誤爆してた

361 :名乗る程の者ではござらん:04/02/26 22:10 ID:+figOPvr
素人の質問で申し訳ない。
「水戸黄門」の印籠は一般市民は本物かどうか認識可能なのでしょうか?
偽者黄門様のエピソードあったらしいけど、偽者の印籠でやっぱ騙され
たのでしょうか?

362 :漆かぶれ:04/02/28 10:18 ID:ohalsRpk
>>361
認識不可能。葵の紋もいろいろあるし、細工のレベルもいろいろある。
とはいえ、そこそこの偽物を作れる職人がそんなにいるとも思えない。
偽物がバレたら、一族で大変だから、ま、普通は信用するでしょう。
現代の通販ビラ配り内職で騙されるよりは、確率は低そう。
と、思うが。

363 :名乗る程の者ではござらん:04/02/28 14:20 ID:WEGGZAl9
>>361
現代で言えば「菊の御紋」みたいなもんで一応は庶民も知っていたと思われ。

あと、ニセモノを作ったら、幕府から極悪人扱いで磔獄門になるので、そんな奴はおらんでしょう。
今でも詐欺会社でも「菊の御紋」を使う香具師はいないだろうし。
使ったら犯罪で逮捕以前に、ウヨに打ち殺されそうだ。

364 :名乗る程の者ではござらん:04/02/29 01:04 ID:dS2ymmlg
松平長七郎は、なんで一回転してから刀を鞘におさめるのでしょうか?


365 :名乗る程の者ではござらん:04/02/29 09:34 ID:I4hR9aaT
>>364
斬り合いの最中に鞘が後ろにずれてしまいました。
そこで鞘に近づこうと後ろを向きます。当然鞘もいっしょに後ろへ動きます。
それに負けじとさらに後ろを向こうとするので、ぐるぐると回ってしまうのです。
犬が自分の自分の尻尾を追いかけてくるくる回るのといっしょですね。
ただ、超七郎は犬よりはちょっとだけ知性があるので、一回転だけで気が付いて終わります。

366 :名乗る程の者ではござらん:04/02/29 22:58 ID:???
さんざん出ている疑問かと思いますが。
「遠山の金さん」 で
普通『さん』付けで呼ぶのは親しみを表わしていると思います
でも、悪人も「金さん」と呼びます。おかしいですよね
敵意を持っているなら「金公」とか「金」が普通だと思います

367 :名乗る程の者ではござらん:04/02/29 23:19 ID:???
>>366
君は本当に『金さん』で悪人が「金さん」と呼ぶところを観たことがあるのか

368 :名乗る程の者ではござらん:04/03/01 23:53 ID:o7WJ9jyo
敵は罵って「禁治産者」と呼ぶところを略して「きんさん」と呼んでいます。

369 :名乗る程の者ではござらん:04/03/03 00:02 ID:???
拝一刀(ヨロキン)がアイシャドウして冥府魔道を行くのは何故ですか?

370 : :04/03/03 13:53 ID:???
なぜ暴れん坊将軍ではめ組の人々は将軍さまということに気が付かないんでしょうか?

371 :瓦版:04/03/03 19:05 ID:Ew3Zb0XW
>>370
まだ、似顔絵が出回っていなかったから、分からなかった。
将軍になる前の部屋住みのころは、あの顔でうろうろしていたから。また、
アイツだくらいの認識とも解釈できる。
因みに、幕末、新門辰五郎のところでは、ケイキさんだった。

372 :名乗る程の者ではござらん:04/03/03 19:35 ID:???
>>370
もろに将軍としてめ組の連中の前に姿を見せた事がありましたが
後日、普通に現れた上様を見てみんな半信半疑でしたが
そのうちに「あー、こりゃ違うよ」と良く似た別人となりました。
いくらなんでも知り合いの浪人が将軍だとは思わないものです。

373 :名乗る程の者ではござらん:04/03/04 08:02 ID:Aey57cjS
そもそも時代劇って何ですか?
どの時代の舞台から時代劇になるんですか?

374 :名乗る程の者ではござらん:04/03/04 09:22 ID:UriMS3wJ
>>372
細かい突っ込み恐縮ですが、新さんは浪人じゃなく
旗本の部屋住み三男坊では?

で疑問ですが、め組の皆さんはなぜ新さんの実家を詮索しない
のでしょうか?あれだけ親しければ○○町の徳田家なんて
存在しねーじゃねーか!ゴルァ!とかなりそうなもんだと思うの
ですが?


375 :四男坊:04/03/04 10:06 ID:MjXgMfB0
>>374
ご疑念はごもっとも。
されど、ちと憚りがあって、細かくは打ち明けられない。お見逃し下され。

376 :現代劇:04/03/04 10:12 ID:MjXgMfB0
>>373 明治維新で区切る。辞書見てね。

377 : :04/03/04 10:20 ID:???
以前暴れん坊将軍で吉宗をどこか他の殿様に間違える話がありましたが、
そこの国の上の者々はなぜ吉宗ときがつかなかったのでしょうか?

378 :名乗る程の者ではござらん:04/03/04 10:44 ID:XwrQ2PCp
>>377
将軍様の風貌に関しては、地方によって様々な憶説が飛び交っています。
「山口崇似」「西田敏行似」「田村高廣似」等々、バラバラです。

379 :名乗る程の者ではござらん:04/03/04 11:01 ID:???
>>369
追っ手に囲まれ退路が狭まった時に、ちょいと顔を洗ってほっかむりでもすれば
柳生のボンクラどもはそのすっきり顔を「拝一刀」と認識できずにアッサリ街道を
通ることができるのです

つまり、ヨロキン版拝一刀のアイシャドウは遠山の金さんにおける「素顔と桜吹雪」
の関係と同じ効果をもっているのですよ

380 :名乗る程の者ではござらん:04/03/04 12:40 ID:???
明神下の平次親分が放った寛永通宝はあのあとどうなるのですか。

381 : :04/03/04 16:15 ID:???
>>380
攻撃をよけながら拾ってます

382 :名乗る程の者ではござらん:04/03/04 23:22 ID:jLz70W09
「影の軍団」の各シリーズで「服部半蔵」という名前が世襲されているようですが、
半蔵の顔も同じような気がしてなりません。顔も世襲なのでしょうか?

383 :名乗る程の者ではござらん:04/03/05 01:02 ID:3IluyHYK
>>382
その通りです。
代々服部家では先代に一番似た顔の者が「半蔵」の名を継ぐ、というしきたりがあったのです。

384 :名乗る程の者ではござらん:04/03/05 04:59 ID:snCa8CrP
>>362 >>363
三つ葉葵は家紋として徳川家以外が使用することを禁じられていただけで
登城や大名行列で名札の役目を果たす着物や長持ちはともかく、印籠程度の小物は
三つ葉葵をはじめ有名どころの家紋を入れたものが市販されていて一種のフアッション
として流行廃りで町人でも気軽に入手・着用できたらしい。

デザインも徳川宗家と各御三家でそれぞれ微妙に葉の筋の本数や太さが異なっていて
見る人が見ればどの家のものかわかるそうだ。で、見る人が見ると番組の黄門様の印籠
は水戸家のでなくて将軍家のものなんだとかw

受け売りばっかりでスマソ


385 :漆かぶれ:04/03/05 10:58 ID:d/209Hdd
>>384
いろいろあるというのは、どこかの徳川博物館で見た。どう違うかまでは
憶えていない。(うちにも西山荘の土産品が1つある)
で、光圀は、その将軍家の印籠をいつ拝領したかまでは、受け売りの元に
はないの?

386 :名乗る程の者ではござらん:04/03/05 20:32 ID:+4dKmXAj
必殺シリーズでは、関節系のとどめ技の使い手の場合、
レントゲンで骨やら内臓やらが破壊されるシーンが出てきますが、
殺されてる人物は様々なのにも関わらず、レントゲンシーンはみんな一緒のような気がするのですが。

387 :名乗る程の者ではござらん:04/03/06 00:58 ID:8nFFekAY
>>386
江戸時代にレントゲンはまだ存在していませんでした。
あのシーンはみな、使い手の脳内の想像を映像化しているのです。
あまり豊かな想像力がなかったので、どのターゲットについても同じ画一的な破壊シーンになってしまっているのです。


388 :名乗る程の者ではござらん:04/03/24 01:18 ID:XtkMG/Xf
なぜ必殺シリーズの元締めはいつも、最初の頃だけ登場して
中盤以降登場しなくなるのですか?

389 :  :04/03/24 01:32 ID:wJzAgzBk
>374

実は全員、疑念を持っているのですが、それを口にしたら
北島御大に殴られるので、気づいてないふりをしているので
ございます。


390 :名乗る程の者ではござらん:04/03/25 23:54 ID:5WbuYd7Z
>>388
元締めに上前はねられるのを嫌った仕事人達に途中で消されているからです。

391 :名乗る程の者ではござらん:04/03/26 02:33 ID:ycg79ixg
なぜ江戸時代の日本にサラブレッドがいますか?

392 :名乗る程の者ではござらん:04/03/26 10:26 ID:A61D3t0t
享保年間に外国馬を輸入したという記述があります。ついでにゾウも輸入したといいます。

393 :名乗る程の者ではござらん:04/03/26 10:31 ID:???
お祭りの中獅子舞に入ったかよさんと順之助が去った後、悪人が次々と死んでいく
あとでもんだいにならんのだろうか。

394 :名乗る程の者ではござらん:04/03/26 10:37 ID:???
上様を認識し歯向かってミネ打ちをくらってたおれている家臣たちは
皆明日から普通の生活が出来るはずない!出奔するか自害するかしかない
それならいっそ斬られた方がマシかも。

395 :名乗る程の者ではござらん:04/03/26 12:51 ID:szWmuFpE
>>393
表向きは病死ですから。

396 :名乗る程の者ではござらん:04/03/26 12:55 ID:szWmuFpE
>>394
最後に上様に「成敗!」と斬られる主人は病死扱いで処理されるので、残された家臣たちは、新しい主人(後継者)の元、何事も無かったように生活できます。

397 :名乗る程の者ではござらん:04/03/29 16:37 ID:I4hR9aaT
必殺シリーズで、関節技系の技を持つ人はしばしばレントゲン画面が出てきますが、
毎回全く同じ骨格を同じ動作で破壊してるように見えるのはなぜですか?

398 :名乗る程の者ではござらん:04/03/29 17:56 ID:???
>>397
実はあれは、使い手がイメージしている脳内映像なのです。
ただ当の使い手たちは、貧乏長屋の骨接ぎ師はまだましなほう、
他は医師ですらない石屋や人足などです。
したがって、骨接ぎ師にしても人体内部の構造を正確に描いた医学書などは
少ししか読んだことがなく、想像できるイメージの種類は限られるわけです。
特に、人格的にずぼらさが目立ってきた後期の骨接ぎ師にいたっては、
どこの骨を砕いても肋骨(背骨?)の映像になっています。
あと、無学なはずの石屋や人足が人体内部構造を想像できたのは、
義弟の蘭学医や世話になっている女医に書物を見せてもらったのでしょう。

399 :名乗る程の者ではござらん:04/03/29 20:48 ID:???
397が10ちょっと前のレスも読まないのは何故ですか?

400 :名乗る程の者ではござらん:04/03/30 13:02 ID:???
>>376
では物語の途中で大政奉還が行われた「徳川慶喜」は途中から時代劇ではなくなってしまうのですか?

401 :名乗る程の者ではござらん:04/04/05 00:02 ID:???
理不尽な切腹を強引に介錯するスレ

402 :名乗る程の者ではござらん:04/04/05 06:13 ID:???
無念…後は頼みましたぞ

403 :名乗る程の者ではござらん:04/04/06 18:45 ID:???
水戸黄門で、助さんが印籠を出すと、
どこからともなくジャーン!とドラの音が聞こえてきますが、
誰が鳴らしていますか?

404 :名乗る程の者ではござらん:04/04/07 19:32 ID:???
格さんに決まってるじゃないですか

405 :名乗る程の者ではござらん:04/04/10 03:56 ID:Xq0rZcEQ
必殺仕事人で三味線糸で人を殺っていますが遺体の首に残った跡などを見ればあの
時代、細くて人を絞殺できるほどの丈夫な糸ということで簡単に犯人は三味線屋の
誰かという様に限定できるにもかかわらず捕まらないのは何故ですか?

406 :名乗る程の者ではござらん:04/04/10 04:19 ID:???
>>405
あの時代は首に三味線の糸を巻き付けるのが流行っていたので
死因だと気が付かなかったのです。
このファッションスタイルは捏苦麗珠(ねっくれす)と呼ばれ、
後に西洋に伝わりネックレスになったことは言うまでも無い。

407 :名乗る程の者ではござらん:04/04/11 00:11 ID:ZADMFRV0
なぜ最近は時代劇が少ないのですか?

408 :名乗る程の者ではござらん:04/04/11 21:37 ID:7QX0SvwJ
>>407
現実の世界が時代劇以上に荒唐無稽で嘘臭くなってきたので、その前ではやはり、作り物のフィクションは色あせて見えるからです。

409 :名乗る程の者ではござらん:04/04/18 14:03 ID:Oj2Zeza1
古い水戸黄門のエンディングで、たまに山の頂上に
鉄塔のようなものが(ほんの一瞬)見えるのですが....。
あれは何なんでしょうか?


410 :名乗る程の者ではござらん:04/04/18 16:03 ID:???
>>409
のろし台です。
電線に見えるのは綱で、お弁当などを綱を滑らせて送っていたのです。

411 :名乗る程の者ではござらん:04/04/30 02:09 ID:pnw3ky0K
>>382-383
マジレスすると、服部半蔵の名前は、本当に世襲されていたのですが。
ただし、史実の服部半蔵は、三代目の服部半蔵正就が大阪夏の陣で
行方不明になり、お家が断絶しています。
忍者として地下に潜ったとか、幕府の秘密を封じるために消されたとか、
いろいろな噂はありますが、単に不覚を取って敵将に倒されたものの、
大阪方が負けたために屍体(首)の行方がわからなくなったというのが、
事実でしょう。

412 :名乗る程の者ではござらん:04/04/30 02:35 ID:Q6b0RI41
仕事人の大半が町人で、武士がほとんどいないのは、なぜでしょうか?
大阪であればいざ知らず、江戸の場合、人口の半分が武士で、さらに
その武士の大半が内職していたのですが。
しかも、あちこちからつけ届けがあって内職しなくても生活できる同心
とか、大名家から刀の試し斬り依頼を受けて裕福な生活をしていた首斬り
役人が仕事人になっているのに、貧乏御家人の仕事人がいないってのも、
不思議です。

413 :名乗る程の者ではござらん:04/04/30 02:53 ID:SSIfyswK
>>412
結論からいうと、それは単に呼称の問題にすぎません、
俗に「仕事人」で一まとめにされがちな町人や浪人が主体の裏稼業でも、
時代や所属組織、また業務内容などの微妙な違いにより、
仕掛人、仕置人、助け人、仕事屋、仕置屋、仕業人、からくり人など、
数多くの呼び名が残されています。

貧乏御家人が裏稼業を行う場合は、主に「かたてわざ」と呼ばれました。
もっとも当時、表向きには武士の副業が禁じられていたとはいえ、
「かたてわざ」の者は、身分的に与力や十手持ちを味方につけることもできたため、
町人や浪人による仕事人系の面々ほど人目を忍ぶ必要はなかったようですが。

414 :名乗る程の者ではござらん:04/04/30 20:22 ID:2T/s9oIP
時代劇で、京都・大阪の住人達が戦国時代までは標準語で江戸時代は関西弁、と線で引いたようにしゃべり方が変わってしまうのはなぜなんでしょうか。

415 :名乗る程の者ではござらん:04/04/30 22:02 ID:nQ4U/LHH
>>414
「琉球の風」で、登場人物の誰も沖縄方言でしゃべっていないのに、
間寛平だけがなぜか関西弁という理不尽さに比べれば、まだマシ。
つーか、これもなぜなんでしょうか?

416 :名乗る程の者ではござらん:04/04/30 23:12 ID:???
便乗しますが、なぜチンピラしか名古屋弁を使わないのでしょうか?

417 :名乗る程の者ではござらん:04/05/01 16:37 ID:tW0ER1Wh
>>416
ヤクザの場合は広島弁になるからです。

418 :名乗る程の者ではござらん:04/05/01 19:09 ID:IF00HYqq
>>415
本当は寛平の役のせりふも元もとは他に合わせて標準語にしたかったのですが、寛平が標準語がしゃべれないため、やむなく例外的に関西弁になったのです。

で、どなたか、414と415の寛平のせりふ以外の疑問に回答して下さい。

419 :名乗る程の者ではござらん:04/05/01 22:01 ID:jggwywfu
雪駄の金物付きのものや、裏がタイヤになっているものを目にした時。

420 :名乗る程の者ではござらん:04/05/01 23:23 ID:???
>>419
南蛮直輸入の最新ファッションです。
江戸時代にも新し物好きがいたわけですね。

421 :名乗る程の者ではござらん:04/05/02 02:41 ID:oKgm9PL7
>>419
ちなみに草鞋、藁草履も、藁ではなくて、実はビニールで作ってあります。

422 :名乗る程の者ではござらん:04/05/02 23:47 ID:pJGqDYTf
>>415 >>418
マジレスですが、沖縄ローカルで、沖縄方言でしゃべっているバージョン
が、放送されています。


423 :名乗る程の者ではござらん:04/05/06 17:35 ID:???
エンディングで出演者の紹介がされますが、
普通はテロップをそのまま表示しますが、
時折地面から立ち上がるようなアニメーションで表示されるのはなんですか?
                 | ̄ ̄|
           _     |   |
___  → /  \ → |   |
          ̄ ̄ ̄     ̄ ̄こんな感じ

110 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)