5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サムライ映画の変遷

1 :名無シネマさん:04/05/07 05:46 ID:QBUDYiyZ
サムライ映画はたくさんあるけど、
サムライの理解の仕方やとらえ方は変わってきてるのかな?
サムライ映画の移り変わりについて語ってください。

2 :名無シネマさん:04/05/07 05:50 ID:bvxzypoK
ラストサムライはクソ映画

これだけで十分だろ

3 :名無シネマさん:04/05/07 08:33 ID:QBUDYiyZ
いきなりとんだね。

4 :名無シネマさん:04/05/07 09:02 ID:I+gZQc3q
とりあえず刀を持たせてカンフーさせるのはやめれよ白人ども

5 :名無シネマさん:04/05/07 11:31 ID:fx3DjOZP
沢山あったかな。あんまり覚えてない。

アロンドロン三船敏郎のやつ、レッドサン?
ショーグン?チョと違う?

んー、全然思い出せん。

6 :名無シネマさん:04/05/07 14:58 ID:tywY88/C
千葉真一の「武士道ブレード」、セガールが武術指導した「ザ・チャレンジ」
チャンバラ西部劇「マスター・ガンファイター」は面白かった。
まあ「リベリオン」もサムライ映画の亜流っちゃ亜流か。

7 :名無シネマさん:04/05/07 17:27 ID:WcaLGSiV
リュミエールが「光あれ」と言った。
すると、そこに照明があった。リュミエールは満足した。
こうして一日目がおわった。

8 :名無シネマさん:04/05/09 10:24 ID:vJ5kaFKC
黒澤は7人のサムライで、
サムライをどう捉えていたのかね?
サムライといっても浪人だけど。

9 :名無シネマさん:04/05/09 13:23 ID:qBhN/C0i
あの映画のサムライは寡黙でストイックでやる事はやる。
まあ、かつこよいですなあ。
きっちりしてるし、誇りを持ってる、ちょっと職人ポイかな。

10 :名無シネマさん:04/05/10 04:28 ID:h9VMwMW5
じゃあ、ラストサムライの勝本との違いは?


11 :名無シネマさん:04/05/10 12:13 ID:I5fPFR83
勝本はかっこいいエンディングを求めている感じで
ストイックに見えて欲がある。
でも、下っ端のサムライではないからそんなもんじゃないかな。

12 :名無シネマさん:04/05/11 02:08 ID:T46xMRPd
というより、黒澤のサムライは、
“サムライ”という階級に対するこだわりのようなものない。
そもそも浪人だからってのもあるかもしれないけど。

ラストサムライでは、“サムライ”っていう社会のステータス自体が問題として描かれてる。

13 :名無シネマさん:04/05/11 14:13 ID:Z/dPk3xy
七人の侍は浪人だけど、やっぱ身分はサムライ、って感じに思えたけどな。
サムライは仕事として戦い、農民は生き残る。
ラストサムライは確かにサムライってえ身分自体がなくなる頃の話で、
それがテーマなのだろうけど。

まとまりのないコメントですまんです。

14 :名無シネマさん:04/05/12 00:41 ID:6bVHyJ97
七人の侍もラストサムライも
「サムライはその武士道は尊敬されるべきだけど、
社会全体との関係で見てみると、サムライという階級は、
イマイチ社会とフィットしていない」っていうことも描いているっていえるかな?
七人の侍のなかでも、農民とサムライが作った社会との矛盾みたいなのが垣間見えるし。

15 :名無シネマさん:04/05/12 01:03 ID:pDsn8SsR
「影武者」を久しぶりに見たとき、思い出した。
「武士道は死ぬ事と見つけたり」だよ。まさしく。
よい死場、死に様を求めつつ笑いながら最期の戦に臨む。

最近、アメリカ映画に慣らされて忘れてた。

16 :名無シネマさん:04/05/12 12:08 ID:El5cFvSY
結局、七人の侍も、影武者も、ラストサムライも、
「武士道」を強調するってことでは同じなのかね?

17 :名無シネマさん:04/05/12 12:34 ID:dyX9H0LD
武士道の名を借りて漢の生き様を強調してたんだよ。

18 :名無シネマさん:04/05/13 01:18 ID:5XBQVgb+
ってことは、武士は漢のモデルって捉えられているわけね。
今も昔も。


19 :名無シネマさん:04/05/13 01:50 ID:kV6MHTko
ラストサムライと七人、影武者じゃあ時代が違い過ぎて「侍」の意味が全く違うでしょ
戦国時代に武士道なんてあったの?

20 :名無シネマさん:04/05/13 01:55 ID:g6yjvykP
アランドロンの「サムライ」はどうですか?
あれはむしろニンジャという気がしますが。

21 :名無シネマさん:04/05/13 02:05 ID:4MNtiYwC
>>15
「武士道は死ぬ事と見つけたり」と言った本人は長生きしたんだよなー
三島由紀夫がテレビで嘆いていた

22 :名無シネマさん:04/05/13 02:26 ID:CsWepSW/
大森一樹の『満月 Mr. Moonlight』とか
大林宣彦の『水の旅人』とかの題名を挙げると
このスレでは打ち首でつか?

23 :名無シネマさん:04/05/13 02:28 ID:P0enY4B5
士農工商の封建社会を維持するために支配層が殺し屋を美化したのがサムライ。
それをいまだありがたがるのはアナクロバカ。

24 :名無シネマさん:04/05/13 02:38 ID:oWuUJ38O
「切腹」なんかは、対面だけ気にする硬直した武士社会を描いてるよね。

あの時代はそんな映画が流行ったのかもしれないけど

25 :名無シネマさん:04/05/13 02:55 ID:g6yjvykP
一応、民間人のサムライが侠客で、
民間人のニンジャが仕事人ってことでいいんですよね。


26 :名無シネマさん:04/05/13 03:01 ID:oWuUJ38O
自虐史観キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

27 :26:04/05/13 03:02 ID:oWuUJ38O
レス先入れ忘れた…
>>23

自虐史観キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!



28 :名無シネマさん:04/05/13 04:42 ID:ZT9kZgUs
「武士道残酷物語」これ最高。

29 :(゚∀゚):04/05/13 08:03 ID:BzPVW+Dt
60年代は自虐史観まつり!!!!

今井正
仇討(1964)
武士道残酷物語(1963)

小林正樹
上意討ち 拝領妻始末(1967)
切腹(1962)

山本薩夫
続・忍びの者(1963)
忍びの者(1962)

黒澤明
殺陣師段平(1962) 脚本

工藤栄一
十三人の刺客(1963)

篠田正浩
暗殺(1964)

岡本喜八
侍(1965)

30 :名無シネマさん:04/05/13 08:23 ID:6Lgq31/P
>>19

  _, ._
( ゚д゚) ......

戦国時代の人が撮った訳じゃあるまいし・・・

31 :名無シネマさん:04/05/13 09:06 ID:9kStffe1
>>10,11
勝本じゃないよ!“勝元”だよ!注意力が散漫だよ。

32 :名無シネマさん:04/05/13 12:38 ID:5XBQVgb+
で、結局、サムライの描き方の違いはあるのか?

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)